ここから本文です

「トーガ」がビョークをも魅了したアーティストをサポート

5/19(金) 18:14配信

WWD JAPAN.com

「トーガ」がビョークをも魅了したアーティストをサポート

 「トーガ(TOGA)」は、ヴィジュアル・アーティストでミュージシャンのジェシー・カンダ(Jesse Kanda)のライブ、インスタレーション、エキシビジョンのサポートを発表した。これは、5月29日に東京・恵比寿の「リキッドルーム(LIQUIDROOM)」で行うライブとインスタレーション、5月30日~6月1日に「リキッドルーム」内のギャラリー「カタ(KATA)」で行うエキシビジョン「THERIANTHROPES」を指すもの。古田泰子「トーガ」デザイナーが、ジェシー・カンダとの協業で知られるトラックメイカーのアルカ(ARCA)のファンで、それからジェシー・カンダのクリエイションに興味を持ち今回のサポートに至った。ライブでの衣装提供をするかどうかのサポートに、期待が高まる。

 22日のライブでは、“クラブを寺院に見立てる”をコンセプトにサウンド&アート・インスタレーションと、ミュージシャン名義のドーン・カンダ(doon Kanda)でのDJプレイを披露する予定だ。ジェシー・カンダは自身のインスタグラムで「今このイベントするために日本に来てます。幸せでほっぺたが疲れます。来てね!」とライブへの意気込みを独特な日本語のコメントと共に投稿している。

 ジェシー・カンダは、1987年生まれの神奈川出身。グロテスクかつ淫靡な映像作品を数多く製作。代表作は、歌っているビョーク(Bjork)の口の中を実際に撮影し制作された「mouth mantra」や、ファッション・アイコンとしても知られるR&Bシンガー・FKAツイッグス(FKA twigs)の感情の無い顔を撮影し続けた「Water Me」のミュージックビデオなど。また、14歳の頃からの付き合いだというアルカのほぼすべての作品のビジュアルを手掛ける。

 アルカは、1990年生まれのベネズエラ出身。音楽プロデューサーやトラックメーカーとして活動。メジャーデビュー前に23歳にしてカニエ・ウェスト(Kanye West)のアルバム「YEEZUS」で5曲をプロデュースした他、ビョークやFKAツイッグスのプロデュースでも知られる。

最終更新:5/19(金) 18:14
WWD JAPAN.com