ここから本文です

ドルトCEO、移籍が噂されるオーバメヤンとの会談を明言! 「数週間以内に話し合う」

5/19(金) 17:02配信

フットボールチャンネル

 ドルトムントの首脳陣は同クラブに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンと近いうちに将来に向けた話し合いの場を設けるようだ。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 オーバメヤンはドルトムントのエースとしてゴールを量産しブンデスリーガ第33節を終えた時点でキャリアハイの29得点を挙げている。そんな27歳にパリ・サンジェルマン(PSG)や古巣のミラン、そして中国スーパーリーグ(CSL)に所属する天津権健などが興味を持っているとされている。

 18日付けの独紙『キッカー』の取材に対しドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は「我々は数週間以内に話し合う予定だ」と語り、その席でオーバメヤンの将来について結論を出したい模様だ。続けて「PSGやミラン、中国のクラブからの具体的なオファーは存在しない」と噂を完全否定している。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)