ここから本文です

「家系」ラーメンブームで見落としがちな真実

東洋経済オンライン 5/19(金) 6:00配信

■中毒性の高い家系ラーメン

 横浜家系ラーメン。横浜を中心に全国各地の繁華街に広がっていった大人気の豚骨しょうゆラーメン。屋号に「家」のつく店名が多かったことからファンの間で「家系(いえけい)」と呼ばれるようになったのがその名前の由来だ。

この記事の写真を見る

 濃厚な豚骨しょうゆをベースとするスープ、太めの麺を用いたラーメンで、お客の好みによって味の濃さ、脂の量、麺の硬さを自由に選べるスタイルが特徴だ。それぞれの店名につく「~家」は「~や」という読み方が大半ながら、一般的に「家系(いえけい)」と称されている。

 家系ラーメンは非常に中毒性が高い。ライスにもよく合い、学生やサラリーマンにも大変人気だ。私もラーメンの食べ歩きを始めて15年以上になるが、そのきっかけの1つとなったのが家系ラーメンだった。学生時代は家系図を持って各店を食べ歩いていたものだ。

 そんな「家系」だが、今のブームを複雑な思いで見つめているラーメンファンが実は少なくない。もともとのルーツとはほぼ関係ない「家系」がここのところ大変目立つようになっているためだ。

ラーメン博物館への出店がきっかけに

 家系は、そもそも1974年創業の「吉村家」(当時は新杉田駅近く)を源流とする。「吉村家」の流れをくむ弟子や孫弟子の店が神奈川県を中心に広がっていき、「本牧家」「六角家」「杉田家」など数々の人気店をつくった。当時からラーメンファンの間で「家系」と呼ばれていたが、特に1994年に「六角家」が新横浜ラーメン博物館にオープンしたのをきっかけとして一気に火がつき、一般にも広がっていく。

 ちなみに「壱六家」「松壱家」など、吉村家とは別の家系の流派もある。いわゆる「壱系」といわれるこの流派はFC(フランチャイズチェーン)展開を始めたり、セントラルキッチンを採用したりとさまざまな取り組みをしているが、歴史もあり味も安定していることから家系ファンの中でも1つの流派として認められている。

■家系ブームに乗って

 そんな「~家」と屋号のついたラーメン店で、最近目立って増えているのは大手外食系企業によって運営されているチェーン店だ。ラーメンファンの間では「資本系」と呼ばれることもある。そんな「資本系」は吉村家をルーツとする「家系」とは、まったく別の流れから始まっている。

 ラーメン評論家の山路力也さんは、「『家系』という通称が広がっていったことが問題です」と指摘する。「吉村家」が開店した頃、創業者の吉村実氏は「家系」を名乗っていなかった。「家系」という言葉はファンの間で勝手に広まっていった言葉で、商標登録がなされていたワケでもない。

 家系ブームに乗っかって、2000年過ぎ頃から「~家」をつけながらも、吉村家やその系列店の流れをくまない豚骨しょうゆラーメンのお店がさらに増え始めた。そして、ここ3~4年で数社の「資本系」が一気に家系ラーメン店を各地にオープンさせたという図式だ。

 この増殖は自然発生的なものではなく、「資本系」の戦略によるもの。だから家系がブームなのではなく、家系を名乗るチェーン店が一気に増えただけと見たほうがいい。むしろ本家の系列店は減っているというのが現状だったりもする。

1/2ページ

最終更新:5/19(金) 6:00

東洋経済オンライン