ここから本文です

「やっちゃだめ」を全部やっちゃうトランプ大統領 - パトリック・ハーラン パックンのちょっとマジメな話

5/19(金) 18:15配信

ニューズウィーク日本版

<トランプ大統領がコミーFBI長官を解任したことは、やっぱり大問題。立場や時期を考えずに、わが道を行くトランプは見ていて面白いけど......>

部屋に空気がこもっていると思ったら、普通は窓を開けていい。しかし、潜水艦の乗組員ならやめるべきだ。

アメリカンジョークっぽいたとえだが、世の中には、普通ならやっても全く問題のない行為でも、やる人によっては許されないことがいっぱいある。万国の常識だ。僕もタイミングや立場、世間体などを意識して行動することの大切さを、"空気読み大国"日本に来てから一層意識するようになったが、アメリカ人でもわきまえる力は元々持っているものだ。

でも最近、その能力が明らかに欠けているアメリカ人がいる。はい、お察しの通り、トランプ大統領だ。

まずは、FBI長官の解任。指令系統からはみ出して、司法省の規則を破り、異例の証言で大統領選挙に影響を与えた長官は解任してもいい。それは当然だ。大統領の権限だし、本来はやるべきことだろう。しかし、その長官が捜査している対象が大統領本人の場合、長官の解任はやってはいけないことだ。捜査をやめるよう圧力をかけた後ならなおさら、一番やってはいけないこととも言えよう。

ビル・クリントン大統領は捜査妨害で弾劾裁判にかけられた。リチャード・ニクソン大統領は捜査妨害で弾劾されそうになって辞任した。大統領にとって、捜査妨害に見える行為は一番危険ともいえる。トランプはそれをわきまえられなかったのか......どうかは分からないが、FBI長官に手を出したことは致命傷になるかもしれない。

【参考記事】「トランプ大統領はウソつき。」

CIAに関しても立場をわきまえていないようだ。もちろん、CIAを批判したり、その情報を疑ったりすることは国民の権利だ。むろん、存在もしない大量破壊兵器を口実にイラク戦争を起こした過去があるから、政府からの発表に関しては、多少疑った方が健全だと思う、本来は。

しかし大統領というものは、シリア、北朝鮮、ISIS(自称イスラム国)などなどの対策を決定する立場にある。あらゆる情報・諜報に基づいて、軍事行動を決めなければならない日が必ず来る。そして、CIAからの情報を使って国民や外国を説得しないといけない。ゆえに、平時にその情報源の信憑性を損なうのは自分の首を絞めることとイコール。つまり、これも大統領がやってはいけないことになる。

裁判の判事やメディアを批判するのも、一般人ならやっていい。もっと言えば「メディア・裁判バッシング」はアメリカ人の趣味かと思われるぐらい、みんなが毎日していることだ。盛り上がるし楽しいよ、本来は。しかしメディアも含めて「4権分立」といわれ、抑制と均衡によって権力乱用を防ぐ、アメリカ政治の基礎となる制度の下で働く大統領なのだから、その批判も我慢しないといけない。



もっと身近な例もある。

子供の作ったものをほめたり、周りに勧めたりするのはどの親もやりたいこと。そしてもちろんやっていいことだ、本来は。しかし、大統領となると話は違う。税金で運営している政府のウェブサイトで娘のブランドを推してはいけないし、そのブランドの取り扱いをやめたチェーン店をツイッターで批判するのはだめでしょう。しかも安全保障のブリーフィングを受けるはずの時間にそんなツィートをしているなんて、言語道断だ。

こうみると、大統領が可哀想にも思えてくるね。普通はやっていいことでも「やっちゃだめ」だとこんなに言われるなんて。自由の国の長が自由じゃないってことだね!?
 
しかも、まだまだある。
・外国政府をお客様としてビジネスをすること
・自分が率いる組織内の主要ポストに家族を起用すること
・毎週末、ゴルフをしに行くこと

これらはどれも、多くの家族企業の社長が普通にやっていることだ。やっていいよ、本来は。

・ツイッターで個人攻撃をすること
・独裁者を応援すること
・陰謀説を広めること

これらはどれも、多くの変な人が普通にやっていることだ。ちょっと変だけど、これらもやっていいよ、本来は。

【参考記事】「これでトランプを終わらせる」マイケル・ムーアが新作を製作中

変わり者社長だったころ、トランプはどれも楽しんでいたし、大したお咎めはなかった。でも、やはり「大統領」のトランプはやってはいけない。やると厳しく批判される。本当に可哀想だ。

でも、大丈夫。トランプは全部やっているんだから!

やってはいけない立場になっても、やり続けているのだ。メディアにも側近にも家族にも止められない。なんでもやり続ける大統領だ! 暴走老人というか、自由の国でトランプが一番自由な人なんだろう。

アメリカ人はアウトローが大好き。ハリウッド映画の主人公はもれなくわが道を歩む一匹狼タイプだし、トランプ政権には同じぐらいのエンターテイメント性があって、見ていて面白い。立場をわきまえない。空気を読まない。やってはいけないことをガンガンやってしまう。実にスリリングだ。見せ物として周りの人は楽しんでいればいい。本来は......。

パトリック・ハーラン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2017-7・25号
7/19発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。