ここから本文です

アマゾンの「新5000円タブレット」は本当にお得なのか?

日経トレンディネット 5/19(金) 7:00配信

 アマゾンは2017年5月17日、Fireタブレットシリーズの新モデルとして、7型の「Amazon Fire 7」(以下Fire 7)と8型の「Amazon Fire HD 8」(以下Fire HD 8)を発表した。6月7日より出荷する。

【関連画像】アマゾンの7型タブレット「Amazon Fire 7」(左)と、8型タブレット「Amazon Fire HD 8」(右)

 価格はFire 7が8980円(税込)から、Fire HD 8が1万1980円(税込)から。アマゾンの会員制サービス「Amazonプライム」の会員はそこからさらにクーポンを利用して4000円引きで購入でき、Fire 7は4980円(税込)から、Fire HD 8は7980円(税込)からになる。

 「Amazonプライム」は年額3900円(税込)の会員制サービスで、会員になると動画が見放題のプライム・ビデオ、音楽が聴き放題のPrime Musicなどのサービスを利用できるというものだ。

見やすくなったFire 7、安くなったFire HD 8

 Fire 7は前機種「Fire」の後継モデルで、7型ディスプレー(1024×600ピクセル)を搭載する。ディスプレーを構成しているピクセルの形がほぼ正方形になり、従来モデルより画像や文字が見やすくなったのが特徴。

 そのほか最大バッテリー駆動時間が7時間から8時間に伸びた。2.4GHzのみ対応だった無線LAN機能は2.4GHzと5GHzの両対応になり、電波干渉による速度低下が起こりやすい2.4GHz帯の無線LANを避けて、5GHz帯でコンテンツのダウンロードができる。対応microSDカードの最大容量は200GBから256GBに増えた。

 ストレージ容量が8GBのモデルと16GBのモデルがあり、価格は8GBモデルで8980円、16GBモデルが1万980円。前述の通り、Amazonプライムの会員はクーポンの利用で4000円引きで購入できる。

 Fire HD 8は従来モデルと名前は同じだが、対応microSDカードの最大容量は200GBから256GBに増え、価格は1000円安くなった。主なスペックは従来モデルとほぼ同じだ。

 ストレージ容量が16GBのモデルと32GBのモデルがあり、価格は16GBモデルが1万1980円、32GBモデルが1万3980円。Amazonプライムの会員はクーポンの利用で4000円引きになる。

 どちらも外観デザインは従来モデルとほぼ同じだが、厚みが若干変わったため従来モデル用の保護カバーは利用できない。純正保護カバーはFire 7用が2690円(税込)、Fire HD 8用が3480円(税込)。それぞれカラーバリエーションが5色ある。カバー部分を折りたたむとスタンドになり、机の上に置いて動画を見るときなどに役立つ。

1/2ページ

最終更新:5/19(金) 7:00

日経トレンディネット

記事提供社からのご案内(外部サイト)