ここから本文です

欅坂46・尾関&織田を生配信直後に直撃!“優しい観客達”に感激?

5/20(土) 17:00配信

ザテレビジョン

5月19日に「SHOWROOM」にて生配信された「Huluで一緒に『残酷な観客達』の先行配信をみよう」に、欅坂46・尾関梨香、織田奈那が登場。視聴者と共にドラマにツッコミを入れたり、視聴者との生の交流を楽しんだ。

【写真を見る】似てる!? 似てない!? 織田奈那のブルゾンちえみ

人気YouTuberとのコラボ動画を公開するなど、放送前からSNS上で話題となっていた欅坂46出演のドラマ「残酷な観客達」(日本テレビほか)。いよいよ地上波で第1話が放送され、一足先にHuluにて第2話の配信もスタートした。

そこで第2話の先行配信を欅坂メンバーと共に一緒に見て盛り上がろう、という企画がこのたび行われた。尾関と織田がハイテンションで「イエ~イ!」と生配信を開始すると、それに呼応するように、ファンから歓迎のコメントが相次いだ。

第2話が流れる前のフリートークでは、尾関がHuluに加入したという話や、副キャプテン・守屋茜がこのSHOWROOMを見ているという話などを行い、尾関の「フリュー(Hulu)」という発音にツッコミを入れる人や、「あかねん!」と一緒にSHOWROOMを見ているであろう守屋に対してメッセージを送る視聴者が多数現れた。

いざオンエアが始まると、平手友梨奈や長濱ねるらの演技に「キャーキャー! かわいい!」などと絶叫し、「こんな顔の子に見詰められたららほれてしまうよね」(織田)、「分かる分かる!」(尾関)など、ファン目線の発言をする一幕も。

さらに、織田は大好きな小林由依のあるシーンでは、「この表情が好きなの! ぽん(小林)すごい! かわいい」と大興奮していた。

また、オンエア中に守屋から「頑張って!」や「大好き!」というメッセージが送られ、2人は大喜び。「ありがとう~!」「あかねん見てる~?」と手を振るなど、配信を通してメンバー同士の交流を楽しんだ。

その後、ドラマの設定にちなんで、10000ptを獲得するため、2人は物まねをすることに。まず、尾関は長澤まさみの物まねを。しかし、ただ奇声を上げているような物まねに、織田も「本当に失礼だよ!」と思わずツッコミを入れる。だが、尾関は「いや~似てるよ~!」と譲らない。

一方、織田はブレーク中の芸人・ブルゾンちえみの物まねを。ドヤ顔でしっかり決めた織田に、視聴者から「似てる~!」など大きな反響が寄せられた。

視聴者数3万人突破、ポイントは何と22万超えという圧倒的な結果を見せ、欅坂46の人気ぶりを見せつけた。10000pt超えのご褒美として、スイーツを獲得。最後にドラマのPRをして、生配信を終了した。

配信終了後、2人を直撃し、今回の配信の感想やドラマの見どころなどを聞いた。

■ 尾関梨香&織田奈那インタビュー

――――配信を終えた感想をお願いします。

尾関:同じ時間帯にファンの皆さまと、私たち欅坂46が映像を通して一緒に同じものを見ているという空間が新しいなと思いました。

私がファンだったら、うれしいし、特別な雰囲気になれるし、1人で見ているより次の放送がもっと楽しみになったりすると思います。また他のメンバーが出てSHOWROOM配信ができるんじゃないかな?と、楽しみも増えたので、すごく良かったなと思いました。

織田:「残酷な観客達」と似ている状況のSHOWROOM配信で、こういう企画をやらせていただいたのはすごく未知なことだったんですけど、楽しかったです。今見ているドラマにコメントして、一緒に見ている私たちのコメントに対してもコメントが返ってくる。同じ時間に感想を共有できるというのが、すごくいいなあと思いました。

――残酷ならぬ「優しい観客達」で良かったですね(笑)

織田:そうそう!(笑) そうなんですよ! すごい優しかったです!

尾関:皆さんすごく優しくてうれしかったです!

――メンバーの守屋さんも見ていたそうですね。

尾関:そうなんですよ! 何か「もう絶対に見るよ!」って言ってくれていて。オンエア中に「頑張れ~!」ってコメントしてくれたんですけど…。

織田:気付かない(笑)。

尾関:そう。見つけても、コメント読む前に下にコメントが流れていっちゃうんです。「あ~!」ってなったけど、うれしかったよね。

織田:そうだよね。コメントもしてくれたしね。

――ご覧になってみて、作品の出来についてはどうでしたか?

尾関:撮っているときとは想像できないくらいシーンのカット割が細かくて、結構ほとんど全員の反応を撮っている画面もあったりして、私はすごくこの映像が大好きだなって思いました。光もきれいですよね。

織田:やっていて感じたのは、最初に私たちが主演した「徳山大五郎を誰が殺したか?」(2016年、テレビ東京系)というドラマのときよりも、演技がすごく上達しているなと。まだ全然上手とは言えないんですけど、ヘタながらもすごいみんなちゃんと練習もしているし、ちょっとずつ上達していると思います。

尾関:今回は役名があるんですよね。長濱(ねる)と平手(友梨奈)はいつも役名で呼び合っていたり、そういうのも大きいのかなと思います。

――演技は慣れましたか?

尾関:慣れたよね?

織田:慣れたというか、本当に最初は自分のせりふがくる瞬間までドキドキしていて。「やばい! 次あたしのせりふだ!」って思っていたんですけど、今回のドラマで経験を重ねて、“空間を作る”と言いますか、そこにいる人になるっていうか。

ちゃんと相手のせりふを聞いてから、自分のせりふを言うっていう、自然な感じがちょっとずつ出せるようになってきたかなと思います。

――メンバーの中で、特に演技が上達したなというメンバーは誰ですか?

尾関:(石森)虹花が、「徳山大五郎―」のころも飛び抜けて上手だったんですけど、今回の撮影中も見ていて、本当にまた一段階うまくなったなって思いました。まねしたいところがいっぱいあって、いろいろ聞きました。

虹花と隣の座席だったので、「このせりふどう言ったらいい?」って聞いたり、他のメンバーとも聞き合いをしましたね。

織田:私は(渡邉)理佐がすごくうまくなったなって思います。理佐自身も、最初の「徳山大五郎―」のときから、演技は苦手意識があったみたいで。なかなか演技に慣れなくて、悩んでいたみたいなんですけど、今回は自然に演技ができていて、こちらもうれしくなりました。

――では、5月24日(水)深夜に地上波第2話が放送されるので、見どころをお願いします。

織田:まだクリアしていない組が残されているので、クリアした組より多く物まねとかいろいろやっているんですけど、そこも見どころだと思います。みこ(長濱)とゆずき(平手)の関係性も気になるよね。

尾関:そうだね。どういう関係なのか不思議だよね! 不思議なところがたくさんあると思うので、いろいろ皆さんも考えてご覧になってください!

――そういえば、生配信で織田さんはメンバーに見詰められたらほれちゃうって仰っていましたよね(笑)。

尾関:言ってた!(笑)

織田:ああ~!(笑)

尾関:特に織田奈那は小林由依が好きなんですよ! たぶんきっとドラマと同じことが起きたらやばいんだろうなって思って見ていました(笑)。

織田:そうだね。すてきなシチュエーションがあるんです(笑)。そこもぜひ注目してみてください!

最終更新:5/25(木) 12:27
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)