ここから本文です

春季大会にスカウトがゾロゾロ。無名の右腕が関東屈指の本格派に変身

5/20(土) 8:20配信

webスポルティーバ

 5月20日に開幕した春季高校野球関東大会。高校通算93本塁打の清宮幸太郎(早稲田実業)に注目が集まるが、地元開催となる茨城・霞ヶ浦高校の本格派右腕にもぜひ注目していただきたい。

■山本昌が「センバツで光った10人のエースたち」をレジェンド診断

 関係者から評判は聞いていたが、「こんなにいいのか」と驚いた。春季茨城大会の1回戦。つくば秀英を相手に7点リードで迎えた7回裏、霞ヶ浦はマウンドに背番号10の遠藤淳志を送った。

 すると、身長185センチのすらっと長い手足から伸びのあるストレートを次々に投じ、決め球のスライダーなど変化球もキレよく曲がり、二者連続三振からのセカンドゴロで試合はあっさりと7回コールドで終わった。

「ボールも指にかかっていてダイナミック」「体ができてきたら球が速くなるとは思っていたが、ここまでになるとは」と、スタンドのNPB球団スカウトたちも賞賛と驚きの声を上げた。関東大会進出を決めた準々決勝の総和工戦では完封、決勝戦でも強打の明秀学園日立打線をリリーフで抑え込み、勢いに乗っている。

 遠藤は茨城県土浦市の出身。土浦市立新治中軟式野球部では県南大会8強が最高で、選抜チームの選出経験もない無名の右腕だった。

 だが土浦市大会を視察に来ていた霞ヶ浦の高橋祐二監督が「足を上げた時のスッとした立ち姿が良い」と目に留めた。男子バレーボール部の監督としても霞ヶ浦を全国大会出場に導いた経験がある同監督は、「骨格を見れば、長身になるかどうか分かるようになりました」と言い、当時180センチ前後だった遠藤も「まだ伸びる」と判断した。

 強豪校から声をかけられるような選手ではなかった遠藤は驚き、「ワクワクしました」と二つ返事で進学を決めた。

 だが入学後は、成長軌道になかなか乗れなかった。

 1年時は体重が思うように増えず、2年時から入寮する。白米を朝食で1キロ、夕食で1.2キロを摂るなどして増量を図った。「最初はみそ汁で流し込んでいました」と苦笑いするが、3カ月ほど経つとまったく苦にはならなくなった。昨夏の4回戦では勝田工を相手に完封勝利を果たすなど、最上級生となる秋はエース格と見られていた。

 ところが夏の地方大会が終わり、練習試合シーズンが始まる直前のある日、洗濯物を抱えて急いで部屋に戻っていたところ転倒。慌てて手をついた先に運悪くガラスがあり、右手の甲に5針を縫うケガをして離脱を余儀なくされる。当然調整は遅れ、エースナンバーを付けることはなかった。


「去年までは 『謙虚さがない』と監督に注意されても素直に聞くことができませんでした」と遠藤は自戒を込めて振り返る。保育園で知り合い、小中高と同じユニフォームを着てプレーする遊撃手の木村翔大は、「遠藤は強気な性格。また誰とでもフレンドリーになれるタイプ」と人間性を評する。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月13日発売

定価 本体1,472円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 平昌への道』
■ヘルシンキの激闘
■宇野昌磨、本田真凜ほか