ここから本文です

U-20W杯、南アフリカ戦は「耐えてスーパーサブ投入」で勝つ

5/20(土) 8:30配信

webスポルティーバ

 耐えた先に勝機あり──。これが、若き日本代表が5月21日に迎える南アフリカとの初戦のポイントだろう。我慢比べに勝てるかどうか。たとえ前半、多少押し込まれたとしても、それは日本にとって悪い展開というわけではない。

【写真】「ブラジルの久保建英」ってなんだ?

 U-20ワールドカップが5月20日に韓国で開幕する。この大会に10年ぶりに出場するU-20日本代表の戦いは、翌日に水原(スウォン)でその幕が切って落とされる。

 南アフリカとの初戦でピッチに立つ顔ぶれは、5月15日に行なわれたホンジュラスとの親善試合におけるスタメンがベースになると見ていいだろう。

 GK:小島亨介(早稲田大)/DF:初瀬亮(ガンバ大阪)、冨安健洋(アビスパ福岡)、中山雄太(柏レイソル)、舩木翔(セレッソ大阪)/MF:坂井大将(大分トリニータ)、原輝綺(アルビレックス新潟)、堂安律(G大阪)、三好康児(川崎フロンターレ)/FW:岩崎悠人(京都サンガ)、小川航基(ジュビロ磐田)。

 ホンジュラス戦では、原に代わってMF市丸瑞希(G大阪)がボランチに入った後半にボールの回りが滑らかになり、チームパフォーマンスが向上した。指揮を執る内山篤監督が「彼のよさは修正が効くところ」と語ったように、市丸は後半に入ってギアを上げたいシチュエーションで投入したい。

 やはり試合の入りは、守備力に定評のある原のほうが適任だろう。その点で、同じく守備力があり、高さとパスセンスも備えるDF板倉滉(川崎F)のスタメン起用も選択肢のひとつ。いずれにしても前半は、守備を重視して臨みたい。

 そう考えるのは、南アフリカのチームとしての性質を考えてのことだ。

 南アフリカはアフリカ予選4位とはいえ、予選で強豪のカメルーンを3-0で破り、準決勝では延長の末に敗れたものの優勝したザンビアと互角の勝負を演じるなど、なかなかの強敵だ。

 なかでも、予選におけるチーム得点王で右ウイングのルーザー・シン(ブラガ/ポルトガル)と、同じくポルトガルでプレーする長身ストライカーのリアム・ジョーダン(スポルティング/ポルトガル)は、もっとも警戒すべき選手たちだ。スピーディかつ迫力のある攻撃が持ち味で、おそらく日本戦でも開始直後から仕掛けてくる。

 その一方、個人の能力に頼りがちで、チームとしてムラッ気があるのもたしか。南アフリカの攻撃に耐えながら、相手に焦りが生じ始める後半に勝負をかけたい。

 こうしたゲームプランを可能とさせるのは、膠着したゲームを動かせる武器が日本にあるからだ。

 そのひとつが、セットプレーだ。キャプテンでメインキッカーの坂井をはじめ、三好、MF遠藤渓太(横浜F・マリノス)、市丸、FW久保建英(FC東京U-18)と、バラエティ豊かなキッカーが揃っている。前述のホンジュラス戦で奪った3ゴールも、いずれもプレースキックからだった。

 その試合で3点目のゴールをコーナーキックからアシストした遠藤は「代表合宿では(セットプレーのキックの)練習をさせてもらっているし、練習した選手しか蹴る権利はないと思うので、チャンスがあれば直接フリーキックも狙いたい」と意気込んでいる。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月13日発売

定価 本体1,472円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 平昌への道』
■ヘルシンキの激闘
■宇野昌磨、本田真凜ほか