ここから本文です

お見事! 名手ジョコビッチの「魔法」の珍技「ポケットキャッチ」に観客「オオ~ッ!」

5/20(土) 13:03配信

THE ANSWER

世界2位の名手が巧みな芸当、米メディア動画紹介&感嘆「驚異的なトリックショット」

 ラファエル・ナダル(スペイン)、錦織圭(日清食品)ら、世界のトップ選手が出場し、盛り上がりを見せている男子テニスのイタリア国際。なかでも、屈指のスター選手、世界ランキング2位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は試合中に驚きの珍技「ポケットキャッチ」を披露。観客も思わずどよめいた巧みな芸当を、ATP公式中継サイト「テニスTV」などが動画付きで紹介し、「魔法だ!」と感嘆の声が上がっている。

【動画】「魔法だ!」…「テニスTV」が紹介したジョコビッチの「ポケットキャッチ」

 19日に行われた準々決勝、フアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)戦の第1セット。5-1とリードして迎えたサービスの第7ゲームだった。

 ジョコビッチが放ったサーブはネットをかすめてコートに入った。「打ち直し」のコールがかかったボールをデルポトロは相手コートに向かい、ダイレクトで高々とレシーブした。舞い上がったボールはジョコビッチの方向へ。すると、ジョコビッチが反応し、驚きの行動に出た。

 ラケットを持ったまま白いパンツの左ポケットを両手で広げ、捕球態勢に入ったのだ。真剣なまなざしでタイミングを合わせ、ボールをキャッチ。見事、ポケットに収めてみせた。ファンを喜ばせようと思ったのか、トップ選手が披露した粋なプレーに観客も驚き、「オオ~ッ!」とどよめきの声を上げ、笑顔で称賛の拍手を送っていた。

 巧みな芸当に海外メディアも動画付きで取り上げ、驚嘆している。

海外メディアから驚嘆の声「素晴らしい!」、2度目は“不発”で苦笑いも

 米スポーツ専門局「ESPN」は「魔法だ! ボールをポケットの中に落とした」「ボールが来るのを確かめて、ポケットの中に落とした。素晴らしい!」と驚いた。米専門メディア「テニスワールド」は「ジョコビッチの驚異的なトリックショット!」、ATP公式中継サイト「テニスTV」は「ノバク・ジョコビッチはボールをポケットでキャッチする芸当を見せるほど気分が良い」とツイッターで紹介している。

 だが、この珍技には続きがあった。

 2本目のサーブがフォルトになると、3本目の再びネットをかすめて打ち直しに。すると、デルポトロは「もう一度、見せてくれ」と言わんばかりに、1本目と同じように山なりのレシーブを返したのだ。観客も再び沸いたが、今度はボールがジョコビッチから遠く逸れてしまった。2度目の「ポケットキャッチ」は披露できず、ジョコビッチも思わず苦笑いだった。

 昨年の大会で披露したこともあったが、今年もバッチリと決めた後は気分良く、第1セットを先取。しかし、第2セットの第3ゲームが終了したところで雨天により試合続行不可能となり、翌20日に順延された。

 実力もさることながら、エンターテイナーぶりでも一流であることを見せたジョコビッチ。イタリアのファンを掴んだセルビア人は、声援を力に頂点まで駆け上がれるだろうか。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:5/20(土) 15:10
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

Yahoo!ニュースからのお知らせ