ここから本文です

水中でマインドフルネス!?陸上より水中のほうが呼吸に集中できるワケ

5/20(土) 11:10配信

@DIME

自分の呼吸に意識を集中し、「今、ここ」にいる自分に意識を向けるマインドフルネス瞑想。今多くのビジネスパーソンから注目を集めている。そのマインドフルネス瞑想を、水中で行うプログラムが、この4月からあるスポーツジムでスタートした。

その水の中で行うマインドフルネスを考案した「メガロス」のインストラクターに、水中マインドフルネスの効果や、普通のマインドフルネスとの違いを聞いてみた。

■水中マインドフルネスの実施手順

水中でマインドフルネスを行うとはどういうことなのか。メガロスで「マインドフルネス AQUA」を考案した尾形麻里子さんに、プログラムの内容を教えてもらった。

「マインドフルネスAQUAは、水中で浮きながらマインドフルネスを行うものです。水中で行うというだけで、瞑想の目的や、やり方は同じです。全部で20分のプログラムになっていて、水中で瞑想を行うのは、座位の姿勢5分、水平の姿勢5分の計10分です」

1.肺周りのストレッチをして、呼吸しやすくするために、胸が広がりやすい環境をつくる。

2.【座位の姿勢】水中に入り、「ヌードル」という棒状の浮き具に腰かける。

このとき、プールサイドの端をつかみながら行う。

肩くらいまで沈み、首から上だけが水上に出る形になる。

浮かんだまま、意識を自分の呼吸に集中させ、マインドフルネス瞑想を5分行う。

3.【水平の姿勢】今度はプールサイドに両足をかけて、ヌードルを首の下に敷いて仰向けになり、身体を浮かせる。そのまま呼吸に意識を向け、マインドフルネス瞑想を5分行う。

このとき、水平になっているため、耳が水中に入っていることから、水の音を聞きながら行うとよい。

■普通のマインドフルネスとの違い

尾形さんによれば、水中で行うマインドフルネスは、陸上で行う通常のマインドフルネスとは、次の点で異なるのだそうだ。

1.意識呼吸が必要になり、より呼吸に集中しやすくなる

「水中は、水圧があるため、陸上よりも息を吸ったり吐いたりするのがスムーズにできません。そのため、呼吸をしっかり行おうとすると、意識が自然に呼吸に向かいます。本来、マインドフルネスは呼吸に集中して「今、ここ」にいる自分に意識を向けるのが基本ですが、水中では呼吸をしようとすると意識が呼吸に向かわざるを得なくなるため、よりマインドフルネス瞑想に集中しやすくなります」

2.水の音を聞き、外界の雑音がシャットアウトされるため、よりリラックスできる

「水平の姿勢になると耳が水中に浸るため、マインドフルネス瞑想を行っている最中、水の音だけになります。外界の雑音がシャットアウトされ、より自分の呼吸に集中しやすくなります。また、水の音を聞いていると、リラックスしやすくなります」

■考案のきっかけはお客さんの様子から

この水中マインドフルネスは、メガロスのスポーツジムで独自に考案したものだという。

「お客さんは、思い思いにプールを活用されているのですが、中には泳ぐだけでなく、プカプカ浮いて、リラックスされている方もいます。そういう方を見ていて『スタジオで行っているマインドフルネスを水中で行うと、よりリラックスできて瞑想しやすいのでは?』と思ったのが考案のきっかけです」

■プログラム体験者の感想

「マインドフルネスAQUA」は、2017年4月1日から導入されたというが、体験したお客さんからはどのような声が挙がっているのだろうか。

プログラムを実施している担当者によれば、お客さんからは「リラックスできました」「少し身体を温めたレッスンの後だったから、気持ち良かった」などの好評の声のほか、「リラックスできたが、まだ瞑想まで至らない」など、通常の瞑想と比べて、少しむずかしいというのが正直なところのようだ。

とはいえ、リラックスできたという人が多いことから、集中の末にリラックスに至ったのではないかとも考えられる。

まだまだはじまったばかりの水中マインドフルネス。今後、回数を重ねるうちに、人それぞれコツを覚えてくるのだろう。

参加者は主に40~60代が多いという。仕事帰りのビジネスパーソンが夜、プログラムを受けにくるケースも多いのだそうだ。

■水中マインドフルネスを行うときの注意点

もしプール利用時に、マインフルネスをやってみようと思った人は、注意点がある。それは、1回のマインドフルネス瞑想を「長時間行わない」ということだ。

「プログラムでは、1回の瞑想時間を5分にしています。長すぎると水が冷たく感じてきて、寒くなってくることもあります。また、もしご自身で行われる場合には、あまり長い時間行うと、リラックスして眠くなってしまうため、水中では危険です。時間を決めて適度に行ってください」

(取材協力)
スポーツクラブ「メガロス」

取材・文/石原亜香利

@DIME編集部

最終更新:5/20(土) 11:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年10月号
8月16日発売

定価600円

売り切れ御免!調理家電&ヒット食品
ふるさと納税 極ウマ返礼品・ベスト47
ホリエモン流 超仕事術公開
タイプ別 痩せるカラダマネジメント