ここから本文です

【柏】PK取り消し判定に下平監督は「信じられない。意図が分からなかった」と異議を唱えつつも…

5/20(土) 21:27配信

SOCCER DIGEST Web

「1試合ごとに成長している」。

[J1リーグ12節]磐田0-2柏/5月20日(土)/ヤマハ
 
 問題のシーンは54分に起こった。

柏レイソルの美女サポーター

 柏の武富孝介が磐田のGKカミンスキーと1対1の場面を迎える。武富はドリブルでかわしにかかるが、カミンスキーと交錯。主審は磐田側のファウルと判断し、ホイッスルとともにペナルティスポットを指し、PKの判定を示した。
 
 しかし、微妙な判定に磐田側が抗議し、試合は一時中断。主審は副審と協議した結果、PK判定を取り消し、ドロップボールで試合を再開させた。
 
 柏の下平隆宏監督は試合後、この一連のジャッジに言及した。
 
「今日ジュビロさんのほうで小学生を招待していまして(「磐田デー」と銘打ったイベントで、クラブは磐田市の小学生約3200名を招待していた)、子供たちの見本になるようなゲームにしたいなとすごく思っていた。ただ、ジャッジに関して僕自身がイライラしてしまったり見苦しい行為をしてしまった。それは反省しなきゃいけない」
 指揮官は、そう前置きをしたうえで話を進めた。
 
「でも不可解なジャッジ。PKを取り消されたことは初めて。他のゲームを見ていても初めてでした。それは信じられない。納得できなくてああいう行動に出てしまった。もちろん反省はしていますけど、すごく悔しい。意図が分からなかった」
 
 それでも、結果は2-0で柏の勝利。一度下されたPKの判定が覆ったことに異議を唱えた指揮官だったが、「ただ選手たちは、そういうアクシデントがありながらしっかりゲームを終わらせてくれた。1試合ごとに成長しているのかなと感じます。頼もしく思う」と選手たちを称賛した。
 
 不測の事態が起きようとも、ものともしない勢いが、今のチームにはある。下平監督が言うように「1試合ごとに成長」するその強さは”本物“だろう。
 
取材・文:多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)

最終更新:5/20(土) 21:27
SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ