ここから本文です

ベランダでスイカを作ろう!

5/20(土) 15:00配信

NHKテキストビュー

大玉スイカは無理でも、小玉スイカならプランターでも十分収穫できます。1株2果の収穫を目指して、憧れのスイカ作りにチャレンジ! 育て方のポイントを、園芸家の深町貴子(ふかまち・たかこ)さんに教えてもらいました。



* * *


■何より日照が大切! しっかり日の当たる場所で育てよう


夏の暑い時期に、甘くみずみずしい実をつけるスイカ。本来は、地面につるを這わせて成長します。プランターで育てるときは、小玉スイカを選び、支柱を立てて、つるを縦に伸ばして育てます。土の量が限られるので、収穫は1株に2果まで。たくさん実をつけたままにすると、突然、実が落ちて株が枯れ、収穫どころではなくなるので注意しましょう。



熱帯アフリカの乾いた土地の生まれなので、暑さは得意。逆に、低温下や日当たりのよくない場所では、うまく育ちません。深めの大型プランターを準備して、できるだけ長時間、さんさんと日の当たる暖かい場所で育てます。



果実を大きく育てるにはたっぷりの水が必要で、根は水を求めて深くまで伸びます。一方で、乾燥気味の環境を好み、土が湿った状態が続くと根腐れを起こすため、根の成長には水はけのよさも大切です。鉢底石を厚めに敷いて、水はけのよい環境を作りましょう。



■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2017年5月号より

NHK出版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト