ここから本文です

過去に戻りJFK暗殺を阻止 『11.22.63』初登場2位

5/21(日) 7:47配信

NIKKEI STYLE

 海外ドラマで最近増えているのが10話程度のミニシリーズ。TSUTAYA月間ランキングで2位に初登場した『11.22.63』も全9話で完結する。ジョン・F・ケネディ大統領の暗殺を阻止するために過去にタイムスリップする男の運命を描くサスペンスドラマだ。スティーブン・キングのベストセラー小説をヒットメーカーのJ.J.エイブラムスが映像化した初顔合わせの話題性に加えて、全話を週末にイッキ見できる手軽さが受けて、40代以上の男性ファンを引きつけヒットしている。

 タイトルの『11.22.63』とは、1963年11月22日のこと。第35代米国大統領ジョン・F・ケネディが、テキサス州ダラス市内をパレード中に銃撃されて死亡するという衝撃的な事件が起こった日だ。その後の調査で、暗殺はリー・H・オズワルドの単独犯とされたが、数多くの疑問点が未解決で、今も様々な憶測や陰謀説がある。そうした謎の真相に、独自の推理で迫ったのがスティーブン・キングが書いた原作小説だった。

 2011年に発表された原作『11/22/63』(文芸春秋)は翻訳書で上下巻1056ページにおよぶ大作。世界中で絶賛され、日本でも「このミステリーがすごい!」で2014年海外編1位、「週刊文春ミステリーベスト10」で13年海外部門1位など高い評価を受けている。
 映像化の製作総指揮にあたったのはJ.J.エイブラムス。映画『スター・トレック イントゥ・ザ・ダークネス』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の監督・製作やドラマ『LOST』『パーソン・オブ・インタレスト』の製作などで知られるヒットメーカーだ。スティーブン・キングとは初タッグとなる。

 ストーリーはこうだ。高校教師のジェイクは、ある日なじみのダイナーの店主アルに呼び出され、がんに侵された自分に代わって、ある使命を受け継いでほしいと頼まれる。それはアルの店の物置の奥にある、過去に通じている「ウサギの穴」から1960年代にタイムスリップして、ケネディ暗殺を阻止することだった。ケネディが生きていれば、今の時代はもっと良い世の中になっているはず、というのがアルの考えだった。彼の願いを受け入れ、1960年代に戻ったジェイクは、暗殺犯とされるオズワルドの住むダラスに向かう……。

1/2ページ

最終更新:5/21(日) 7:47
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。