ここから本文です

40代女性の美容と健康“平均値”を公開! いつまでも若々しさを保つには?

5/21(日) 10:00配信

週刊女性PRIME

40代女性の平均は身長158cm・体重55.5kg! 

 美容や健康意識が高まり、いつまでも若々しく美しい容姿をキープする美魔女も増えているけれど、やはり40代以降の体形維持は至難のワザ。“お腹ポッコリ”を感じるのは、加齢によって身体の「形」が大きく変化していることが原因だという。

「閉経が近づくと脂肪分解ができにくくなり、皮下脂肪が増える。また筋力の衰えによってハリもなくなりたるんだお肉がお腹まわりに蓄積されていくから」

 こう説明するのは、医学ジャーナリストで医学博士の植田美津恵さん。もちろん個人差はあるが、「いわゆる“中年太り”はすべての人に起きること」。そして、50歳を過ぎると、腹部とバストは同じ太さになっていく傾向にあるとか! 

「肥満になると動脈硬化、高血圧、がんのリスクが高まり、関節痛や腰痛も出てきやすい。そうなって初めて本気でダイエットを始める人がいますが、50代はやせにくいということを念頭におき、若いうちから適正体重をキープすること、運動する習慣をつけることを心がけてほしいですね。

 ただ、’60年代にミニスカートがブームになって以降、細い脚=長い脚=憧れの対象という美意識が根づき、やせすぎの女性が増えていることは不安ではありますが」(植田さん、以下同)

 厚労省の調査によると、確かに「やせ」体形の女性が、ここ35年間で急増している。

 「女性は思春期に摂取したカルシウムを体内にため込んで、それを徐々に切り崩していくのが特徴。思春期に無理なダイエットなどせず、きちんとご飯を食べ、カルシウムをたくさんとっておけば閉経後の骨阻しょう症のリスクは減ります」

 反対に、健康と美意識の関係がうまく成立していると思われるのは「歯」に関するデータ。40歳以上で20歯以上を有する人の割合は、’04年から’14年の間に約5%増。

 「昔は単純な虫歯治療が中心だった歯科医療が、患者側が美しい歯にこだわるようになったことで、ホワイトニングや歯石除去のための通院もメジャーに。健康にひと役買っていますよね。虫歯は全身疾患につながりますし、歯周病の人は糖尿病や認知症にもなりやすいんです。また、奥歯でしっかり噛んで食事をしている人は、転倒率が低いというデータもあります」

 歯の健康に意識が向く一方で、40~50代の女性の約半数は、平均睡眠時間が6時間を切っている状態だ。

 「40~50代は育児、家事、仕事に忙しい。睡眠時間のサイクルが乱れる期間が長く続くと、乳がんや男性の前立腺がんのリスクが高まるので注意が必要です」

 せめて体力をつけておきたいところだけど、何かと忙しい主婦は運動するのもひと苦労。40代女性の平均歩数は6873歩だが、

「8000歩を目指してほしいですね。ウォーキングの目安は、15分で2500歩近く歩くこと。目標に到達するには、50分~1時間ぐらい歩けばいいことになります。代謝をよくして体温を上げておくと、病気にもなりにくいですよ」

 

1/2ページ

最終更新:5/21(日) 10:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」8月15日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)