ここから本文です

【自転車レース】第20回ツアー・オブ・ジャパンが本日堺市で開幕

5/21(日) 5:01配信

CYCLE SPORTS.jp

5月28日まで8ステージ開催

国内最高峰のステージレースである『NTN presents 第20回ツアー・オブ・ジャパン(アジアツアー2.1)』が、今日堺市(大阪府)で開幕する。今年はUCIワールドチーム1チームを含めた国内外の16チームが参加。8ステージを競い、28日に東京で閉幕する。

開幕前日の5月20日には、堺市内にある観光施設『さかい利晶の杜』のエントランスホールで一般公開記者会見が行われ、昨年総合優勝したスペインのオスカル・プジョル(チーム右京)を含めた7選手が、集まった大勢のレースファンに紹介された。記者会見の後、選手たちは茶の湯体験施設で茶道を体験した。

[第20回ツアー・オブ・ジャパン スタートリスト]
●チーム右京(日本)
1.オスカル・プジョル(スペイン)
2.ベンジャミ・プラデス(スペイン)
3.ジョン・アベラストゥリ(スペイン)
4.ロドリゴ・アラケ(スペイン)
5.ネイサン・アール(オーストラリア)
6.平塚 吉光(日本)

●バーレーン・メリダ(バーレーン)
11.イバン・ガルシア(スペイン)
12.チュンカイ・フェン(台湾)
13.ヨンアンデル・インサウスティ(スペイン)
14.ドメン・ノヴァーク (スロベニア)
15.ダヴィッド・ペル(スロベニア)

●NIPPO・ヴィーニファンティーニ(イタリア)
21.マルコ・カノラ(イタリア)
22.伊藤 雅和(日本)
23.アラン・マランゴーニ(イタリア)
24.中根 英登(日本)
25.イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
26.窪木 一茂(日本)

●ユナイテッドヘルスケアプロフェッショナルサイクリングチーム(米国)
31.クリストファー・ジョーンズ(米国)
32.ルーカスセバスティアン・アエド(アルゼンチン)
33.ルーク・キオー(米国)
34.ラクラン・ノリス(オーストラリア)
35.ダニエル・サマーヒル(米国)
36.エイドリアン・ヘジヴァリー (米国)

●アタッキ・チームグスト(スロベニア)
41.マリオ・ヴォクト(ドイツ)
42.ウェンチュン・フアン(台湾)
43.シャオシュアン・ルー(台湾)
44.シモン・サジノック(ポーランド)
45.マーティン・ラヴリッチ(スロベニア)
46.ティモシー・ガイ(オーストラリア)

●アイソウェイスポーツ・スイスウェルネス(オーストラリア)
51.キャメロン・ベイリー(オーストラリア)
52.ショーン・レイク(オーストラリア)
53.ロビー・ハッカー(オーストラリア)
54.クリス・ハーパー(オーストラリア)
55.ティモシー・ロー(オーストラリア)
56.アンソニー・ジャコッポ(オーストラリア)

●タブリーズ・シャハルダリチーム(イラン)
61.ガーデル・ミーズバニー(イラン)
62.ミルサマ・ポルセイェディゴラーホル(イラン)
63.サイード・サファルザーデ(イラン)
64.ハミッド・ポルハーシェミー(イラン)
65.イリヤ・ダビデノク(カザフスタン)
66.ムハンマド・ガーレバーギー(イラン)

●チームダウナー・D&DQ・アーコン(ドイツ)
71.フィリップ・マーモス
72.マルコ・ミュラー=シャッカ
73.ヤン・ファン・プイフェルデ
74.ロレンツ・フィーガ
75.フレデリック・ドムブロウスキー
76.アレクサンダー・クスタース

●トレンガヌサイクリングチーム(マレーシア)
81.ヒョスク・コン(韓国)
82.ヌルアミルファクルディン・マズキ (マレーシア)
83.モハマドシャルゥ・マットアミン(マレーシア)
84.ムハマドアディクフセイン・オスマン(マレーシア)
85.マラルエルデネ・バトムンフ(モンゴル)
86.ダディ・スルヤディ(インドネシア)

●キナンサイクリングチーム(日本)
91.マルコス・ガルシア(スペイン)
92.ジャイ・クロフォード(オーストラリア)
93.リカルド・ガルシア(スペイン)
94.トマ・ルバ(フランス)
95.山本元喜(日本)
96.椿大志(日本)

●宇都宮ブリッツェン(日本)
101.鈴木譲(日本)
102.阿部嵩之(日本)
103,雨澤毅明(日本)
104.小野寺玲(日本)
105.岡篤志(日本)
106.飯野智行(日本)

●ブリヂストンアンカーサイクリングチーム(日本)
111.ダミアン・モニエ(フランス)
112.鈴木龍(日本)
113.石橋学(日本)
114.初山翔(日本)
115.大久保陣(日本)
116.西薗良太(日本)

●マトリックスパワータグ(日本)
121.ホセヴィセンテ・トリビオ(スペイン)
122.アイラン・フェルナンデス(スペイン)
123.佐野淳哉(日本)
124.土井雪広(日本)
125.吉田隼人(日本)
126.田窪賢次(日本)

●シマノレーシングチーム(日本)
131.入部正太朗(日本)
132.木村圭佑(日本)
133.湊諒(日本)
134.水谷翔(日本)
135.横山航太(日本)
136.西村大輝(日本)

●愛三工業レーシングチーム(日本)
141.小森亮平(日本)
142.早川朋宏(日本)
143.住吉宏太(日本)
144.原田裕成(日本)
145.渡邊翔太郎(日本)
146.岡本隼(日本)

●日本ナショナルチーム(日本)
151.吉岡直哉(日本)
152.山本大喜(日本)
153.新城雄大(日本)
154.孫崎大樹(日本)
155.黒枝咲哉(日本)
156.草場啓吾(日本)

[日程]
5月21日(日) 第1ステージ[堺/個人TT/2.65km]
5月22日(月) 第2ステージ[京都/105km]
5月23日(火) 第3ステージ[いなべ/127km]
5月24日(水) 第4ステージ[美濃/139.4km]
5月25日(木) 第5ステージ[南信州/123.6km]
5月26日(金) 第6ステージ[富士山/11.4km]
5月27日(土) 第7ステージ[伊豆/122km]
5月28日(日) 第8ステージ[東京/112.7km]
(総距離:743.75km)

最終更新:5/21(日) 5:01
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年12月号

株式会社八重洲出版

12月号
毎月20日発売

特別定価890円

自転車雑誌サイクルスポーツは毎月20日発売!

Yahoo!ニュースからのお知らせ