ここから本文です

ジロ・デ・イタリア第14ステージでマリア・ローザのドゥムランが区間優勝!

5/21(日) 11:28配信

CYCLE SPORTS.jp

総合2位のキンタナに2分47秒差

100回記念大会のジロ・デ・イタリア(UCIワールドツアー)は、5月20日にカステッラニーアから標高1142メートルのオローパ(ビエッラ)山頂までの131kmで第14ステージを競い、マリア・ローザを着たオランダのトム・ドゥムラン(チームサンウェブ)が、ロシアのイルヌール・ザカリン(チームカチューシャ・アルペシン)をゴール目前で抜き去って区間優勝した。

このステージでタイム差を縮めたかったキンタナは14秒遅れの区間4位でゴールし、ボーナスタイムすら獲得できなかった。総合でドゥムランとキンタナのタイム差は、2分47秒になった。

■マリア・ローザを着て区間優勝したドゥムランのコメント「キンタナがアタックするだろうとわかっていた。でも、追いつけるとは思っていなかった。このステージは僕に向いていたけれど、最終週はたくさんの上りがある。ミラノはまだまだ遠いよ」

5月21日はバルデンゴからベルガモまでの199kmで第15ステージが行われる。後半にカテゴリー2と3の峠を2つ越えた後、ゴール目前には平均勾配7.9%、最大12%の石畳の坂を越えなければならない。

■第14ステージ結果[5月20日/カステッラニーア~オローパ(ビエッラ)/131km]
1 トム・ドゥムラン(チームサンウェブ/オランダ)3時間02分34秒
2 イルヌール・ザカリン(チームカチューシャ・アルペシン/ロシア)+3秒
3 ミケル・ランダ(チームスカイ/スペイン)+9秒
4 ナイロ・キンタナ(モビスターチーム/コロンビア)+14秒
5 ティボ・ピノー(エフデジ/フランス)+35秒
6 アダム・イェーツ(オリカ・スコット/オーストラリア)+41秒
7 ビンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ/イタリア)+43秒
8 フランコ・ペッリツォッティ(バーレーン・メリダ/イタリア)+43秒
9 スティーフェン・クラウスウェイク(チームロットNL・ユンボ/オランダ)+46秒
10 タネル・カンゲルト(アスタナプロチーム/エストニア)+46秒
19 ボブ・ユンゲルス(クイックステップフロアーズ/ルクセンブルク)+1分22秒
22 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+1分44秒

■第14ステージまでの総合成績(マリア・ローザ)
1 トム・ドゥムラン(チームサンウェブ/オランダ)59時間31分17秒
2 ナイロ・キンタナ(モビスターチーム/コロンビア)+2分47秒
3 ティボ・ピノー(エフデジ/フランス)+3分25秒
4 ビンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ/イタリア)+3分40秒
5 イルヌール・ザカリン(チームカチューシャ・アルペシン/ロシア)+4分24秒
6 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+4分32秒
7 タネル・カンゲルト(アスタナプロチーム/エストニア)+4分55秒
8 ドメニコ・ポッツォビーボ(アージェードゥゼール・ラモンディアル/イタリア)+4分59秒
9 ボブ・ユンゲルス(クイックステップフロアーズ/ルクセンブルク)+5分28秒
10 アンドレイ・アマドール(モビスターチーム/コスタリカ)+5分36秒

[各賞]
■ポイント賞(マリア・チクラミーノ):フェルナンド・ガビリア(クイックステップフロアーズ/コロンビア)
■山岳賞(マリア・アッズーラ):トム・ドゥムラン(チームサンウェブ/オランダ)
■新人賞(マリア・ビアンカ):ボブ・ユンゲルス(クイックステップフロアーズ/ルクセンブルク)

最終更新:5/21(日) 11:28
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年10月号

株式会社八重洲出版

10月号
毎月20日発売

特別定価890円