ここから本文です

壁を素敵に飾る方法とは?

5/21(日) 7:13配信

MEN’S+

 誰もが一度は憧れる、自宅でのスタイリッシュな空間。今回、ご紹介するのは壁を素敵に飾る方法です。

そろそろ水準器の使い方を習得してもいい頃では?

 引っ越して1年も経つのに、あなたのマンションの壁にかかっているのはTVだけです。もし思い当たる節があるなら、金づちを手にとりましょう。壁を絵で飾るのです。なぜって? 壁に絵がかかっていると、あなたは博識にも器用にも見えるからです。さらに、石膏ボードに穴を開けることさえ許されない友だちを刺激することもできるでしょう。 
 
 もし、これが“アスペクト比”や“斜角”といった単語が出てくる巨大プロジェクトのように聞こえているのなら、それは全くの誤解です。金づちは手にとればいいのです、さあ始めましょう。

ステップ1:  自分が好きなものを集める (絵画に限る必要はありません)

 「僕はアート作品を一つももっていないんだ」。これは、壁に何も飾っていない男性たちのほとんどが口にするセリフですが、ギャラリーとは、自分が共感できるものを集めて作られるものです。コンサートのポスター、地図、いたずら書き、好きなチームのペナント(旗)、さらには、バーのナプキンに書き留めた“最高”のアイデアまで。そう、それは何でもありなのです。 
 
 1つや2つ、中心となる作品は必要ですが、それ以外はクリエイティブにアレンジしましょう。ポストカードを小さな額に収めたり、大きなマットを敷いた額にチケットの半券を飾るなんていうこともできます。でも、すべてを額に入れなければいけないなんて、誰が言いましたか? ポラロイド写真やコースターを貼り付けたって良いのです。クールな栓抜き、エアプラント、さらには鹿の角などでも面白いでしょう。ただ1つのルールは、バラエティ豊かに保つことです。様々なサイズ、様々な素材、様々なストーリーを組み合わせましょう。

ステップ2:  黒の額縁、白いマットがあれば間違いなし

 あなたの壁が白いなら、黒の額縁がマッチします。幅が細く、奥行きも1インチ(約2.5cm)程度のものを選びましょう。 
 
 そして余白を作るため、白いマットを敷きましょう。または、余白が印刷されているポスターや写真を使うのも良いでしょう。好みのサイズで、額やマットをオーダーできるサイトは山ほど存在します。Framed and Matted なら、自分が収めたい写真などを試しに額と合わせてみることも可能です。
 
プラスポイント:例えばヴィンテージフレームやゴールドフレーム、さらにはミラー付きなど、アクセントを添えましょう。画一的に配置するのもオーダーメイドのように見えていいのですが、要所要所でルールを破るとさらに面白くなるでしょう。

1/2ページ

最終更新:5/21(日) 7:13
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!