ここから本文です

元ユベントスのファンタジスタが古巣に提言 補強すべき2人のアタッカーとして挙げたのは?

5/21(日) 7:30配信

Football ZONE web

デルピエロ氏がユベントスの補強戦略について言及

 ユベントスで“ファンタジスタ”として活躍した元イタリア代表FWアレッサンドロ・デルピエロ氏が、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝に進出した古巣の戦いを称えつつ、補強戦略について言及。ユベントスが補強すべき選手として2人のアタッカーの名前を挙げている。イタリア国営ラジオ「RAI」で語った。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 デルピエロ氏は「常に僕はユーベを応援しているよ。なぜなら、心の中に常にあるクラブだから」と、かつて長きにわたって「10番」を背負い、八百長疑惑でセリエB降格の憂き目に遭っても離れることなく戦った古巣に対する思いを語った。そして、CL決勝に進出したチームについても優勝のチャンスがあると語っている。

「決勝はもちろん勝利してほしいし、応援しているんだ。それは心の中だけではなく、冷静な頭を持ったという意味でも同じだ。今のユーベは、完成されたチームの形と高い意識を持つ。それは、レアル・マドリードを倒し得るものだし、両チームのチャンスはフィフティフィフティじゃないかと思うよ」

 デルピエロ氏はレアルとの決勝は互角の争いになると予想している。そのうえで、このユベントスを支えているのが近年に補強してきた外国人選手たちであることに触れ、自身が活躍してきたようにイタリア人アタッカーが旗頭になれるチームという希望を語った。

自身の系譜を継ぐ選手の獲得望む

「ここまでの外国人選手たちを買ってくるキャンペーンは成功したね。ただ、この先はイタリア人選手たちでも継続性を作っていけるはずだ。それこそ、僕らもその前にもやってきたようにね。ユーベが獲得したら良いんじゃないかという選手の名前を挙げるなら、ベロッティとインシーニェだ。もちろん、トリノもナポリも売りたくはないだろうが」

 デルピエロ氏が指名した2人のアタッカーのうち、アンドレア・ベロッティはトリノ所属で、今季25ゴールを積み重ねて得点ランキング2位につけている。トリノは23歳のイタリア代表FWベロッティに1億ユーロ(約120億円)の値段を付けたとして話題に上がっている。また、ロレンツォ・インシーニェは近年優勝を争っているナポリで下部組織出身の中心アタッカーで今季16ゴールと結果を残し、イタリア代表としてデビューを飾っている。

 デルピエロ氏が語るように獲得が簡単ではないアタッカー2人だが、イタリア人選手たちが固める守備陣に比べると、攻撃陣は外国人選手に頼っているのが実情だ。ユベントスのエースとして活躍してきたファンタジスタは、自身の系譜を継ぐ選手の獲得を古巣に望んでいる模様だ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/21(日) 7:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新