ここから本文です

3セット制導入でテニスの質向上? 4大大会5セット制の是非 米専門サイトが特集

5/21(日) 13:49配信

THE ANSWER

「グランドスラムは3セット制採用すべき?」、米専門サイトがファン投票実施

 35歳のレジェンド、ロジャー・フェデラー(スイス)、世界ランキング1位、アンディ・マレー(英国)、日本のエース、錦織圭(日清食品)ら、世界のトップ選手がしのぎを削っている男子テニス界。28日に開幕する全仏オープンをはじめ、現在、グランドスラムは5セット制で行われているが、勝利に3セットが必要な形式は選手の消耗も大きく、試合時間の延長につながるなど、懸念材料がある。米「テニス・マガジン」電子版では3セット制導入の是非を問う特集を組み、エディター陣は賛否が真っ二つに分かれ、インターネット上でファンにアンケートを実施している。

【動画】ATP公式中継サイト「テニスTV」がツイッターで紹介したジョコビッチの「ポケットキャッチ」

「男子はグランドスラム大会で3セット制を採用すべきか?」と題した特集では、デビスカップとともに5セット制で行われている4大大会についてファンに対し、質問を投げかけた。

 記事では第一に、通常の大会で採用されている3セット制とグランドスラムで採用されている5セット制の利点を挙げている。

【3セット制】
・第1球から、全てのポイントが重要になってくる
・短い試合時間は選手の消耗を避け、故障も少なくなるかもしれない
・女子と同じ試合形式にすることで、男女間の賞金額の違いに関しての論争の機会を削減できるかもしれない

【5セット制】
・5セット制はこれまでも歴史に残る偉大な一戦を演出してきた
・より長い試合時間は、テニスファンへの訴求となるだろう
・伝統であるから

 このように前提を述べた上で「テニス・マガジン」のエディター陣による見解も紹介されているが、真っ二つに考えが分かれた。

「3セット制は選手のキャリア伸ばす」…意見真っ二つ、それぞれの理由は?

ブラッド・カレット【YES】
「これはテニス界の未来だ。ファンが注意を払わなければいけない時間帯が減り、4時間半などという長丁場の間、耐えなければいけないこともなくなる。この競技は試合時間を短くしなければならない」

エド・マクグローガン【NO】
「マイアミでのフェデラーとキリオスの一戦のように、とてもドラマチックな展開を演出する。しかし、グランドスラムを3セット制に変えてしまうのは、この競技において取り返しのつかない変更となり、グランドスラムと他のトーナメントが同じものとなってしまう」

ニーナ・パンティッチ【YES】
「私は3セット制の信者だが、5セット制からの変更はテニスの質を向上させるだけでなく、選手のキャリアをより伸ばすことにもつながるかもしれない」

スティーブ・フリンク【NO】
「5セット制は力強く、健康である選手が有利となる。デビスカップと4大大会のみで5セット制が採用されており、トップ選手たちは体力面と精神面の両方が求められるそういった環境で競い合ってきた」

 同サイトにおいては、試合の長さによるファンの観戦の集中度、プレーの質、選手への肉体的負担などを理由に2人が3セット制に賛成。逆に、5セット制だから劇的な試合が生まれること、ほかの大会と差別化することなどを挙げ、2人が3セット制に反対している。

1/2ページ

最終更新:5/21(日) 13:49
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。