ここから本文です

テネリフェ地元紙が好機演出の柴崎を絶賛 「攻撃のエンジン」「才能を見せつけた」

5/21(日) 11:00配信

Football ZONE web

首位レバンテ相手に0-0ドローもチーム最高点を獲得 「攻撃面で多大な貢献」

 テネリフェのMF柴崎岳は現地時間20日、リーガ・エスパニョーラ2部第39節レバンテ戦に4試合連続でスタメン出場した。試合は0-0のスコアレスドローに終わったが、現地紙では高い評価を受けている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 レバンテはすでに来季の1部昇格を決めており、ACミランのFW本田圭佑の獲得に乗り出しているとの噂も立っている。その強敵相手にも、テネリフェのホセ・ルイス・マルティ監督は柴崎を攻撃のキーマンとして先発起用した。

 すると前半18分、センターサークル付近でボールを持ち運んだ柴崎は左斜め前方にスルーパスを送る。これに反応したFWアントニー・ロサーノが相手GKと1対1となる決定機を創出。ロサーノがゴールを割ることはできなかったものの、後半にも柴崎のクロスによってシュートチャンスを導き出すなど、首位を走る相手に対しても十分通用するところを見せつけた。

 地元紙「エル・ドルサル」は、柴崎にこの日チーム最高点となる「8点」をつけた。「日本人アタッカーは再び自らのグレードと才能を見せつけた。彼は素晴らしい新しいきらめき、クオリティーを提供し、アタックの局面でチャンスを作るために多大な貢献をした」と記されている。

「ほとんどのプレーが完璧だった」

 また地元紙「デポルプレス」も冒頭で、「ガク・シバサキは土曜日のレバンテ戦でテネリフェのベストプレーヤーだった。レバンテ守備陣のマークを外し、相手を出し抜くためにパスやファーストタッチで卓越したプレーを見せた」と特記されており、寸評でも「チームの攻撃のエンジンだ。ボールを持った時、ほとんどのプレーが完璧だった。ボールキープ、そしてスピードを与える際に素晴らしい選択をしていた」と絶賛されている。

 チームは1部昇格プレーオフ進出をかける戦いの最終盤に突入しているが、今や柴崎が不可欠な存在になっているのは間違いない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/21(日) 11:00
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新