ここから本文です

熾烈過ぎる!マンC、リバプール、アーセナル…来季CL出場権の行方は?【プレミア最終節・CL出場権争いまとめ】

5/21(日) 8:40配信

フットボールチャンネル

 現地時間21日、プレミアリーグ最終節がイングランド各地で開催される。チェルシーが優勝を決めており、2位もトッテナムで確定。降格する3チームも決定しており、注目はチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いとなるだろう。

来季CL出場権を獲得するのは… イングランド・プレミアリーグ【最新順位表】

 CL出場権獲得の可能性があるのは、マンチェスター・シティ、リバプール、アーセナルの3チーム。3位チームは本大会から、4位チームがプレーオフからの出場となり、5位チームは脱落することになる。

3位:マンチェスター・シティ(勝ち点75、得失点差36、総得点75)
4位:リバプール(勝ち点73、得失点差33、総得点75)
5位:アーセナル(勝ち点72、得失点差31、総得点74)

ワトフォード対マンチェスター・シティ
リバプール対ミドルスブラ
アーセナル対エバートン

 3チームとも勝ち点だけではなく得失点差、総得点で僅差となっているため、1つのゴールが来季のCL出場権を左右することになりそうだ。

 シティはアウェイでのワトフォード戦で引き分けなら4位、勝利すれば3位が無条件で確定。リバプールは勝てば4位以上が決まり、アーセナルはエバートンに敗れた瞬間にCL出場権が消滅する。

 最も複雑なのは、複数のチームが勝ち点、得失点差、総得点で並ぶケースだ。この場合、中立地でプレーオフを開催するレギュレーションになっている。

 例えば、アーセナルがエバートンと1-1で引き分けて、リバプールがミドルスブラに0-2で敗れた場合、両チームは完全に並ぶ。

 また、シティが3-3でワトフォードと引き分けてリバプールが3点差で勝利した場合、シティが0-4で敗れてアーセナルが1-0で勝利した場合などもそのケースとなる。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)