ここから本文です

今季ホーム最終戦、ミラン本田が直接FKで待望の今季初ゴール! 同僚も10番を祝福

5/21(日) 23:40配信

Football ZONE web

後半11分から出場の本田、23メートルのFKを沈める

 ACミランの日本代表FW本田圭佑が、21日のリーグ戦ホーム最終戦ボローニャ戦で直接FKを決めて今季初ゴールをマークした。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ベンチスタートとなった本田は後半11分にFWカルロス・バッカに代わって出場。右サイドからカットインし、左足シュートを放つなど積極的なプレーを見せていた。

 そして、歓喜の瞬間はミランが1-0でリードして迎えた同28分に訪れた。ゴール正面、23メートルほどの位置でキッカーを任せられると、短い助走から左足でカーブを掛けたボールはゴール右サイドを強襲。ボローニャGKミランテの手を弾くようにしてサイドネットに突き刺さった。

 歓喜を爆発させた本田はチームメートに祝福され、もみくちゃにされた。今季限りでの契約満了が決定的ななか、3年半を過ごしたミラノでのラストゲームで、その左足の威力を置き土産として見せつけた。

 試合は後半アディショナルタイムにFWジャンルカ・ラパドゥーラが決めて3-0で終了。ミランは勝ち点を63に伸ばして6位を決定し、来季のUEFAヨーロッパリーグの出場権を獲得。3季連続で離れていたヨーロッパの舞台への復帰を決めている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/22(月) 2:06
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新