ここから本文です

【C大阪】CKをヘッドで決めた清武。“珍しいゴール”はどうやって生まれたのか?

5/21(日) 7:00配信

SOCCER DIGEST Web

「たまたまボールが来るんじゃないかなと…」

[J1リーグ12節]大宮0-3C大阪/5月20日/NACK
 
 清武の今季3ゴール目は珍しい形で決まった。
 
 63分、左からのCKを得ると、ソウザの鋭いボールに頭で合わせたのは清武だった。
 
「(CKを誰が蹴るか)そこはあまり考えていなかったですが、(自分はその前に)1本蹴って、その後、ソウザが(蹴りに)行ったので、たまたまボールが来るんじゃないかと(ニアに)入ったら、本当に来た。あの1本しか中に入らなかったので、運もありました」
 
 CKをニアで待ち受けると、「ボールが良かった。ストーンを越えて落ちてきたので、あとは合わせるだけでした」と、相手GKに先に触られながら、上手く頭で押し込んだ。
 
 この日、スタンドには日本代表のハリルホジッチ監督が観戦に訪れていた。しかし、清武は「意識していなかった」と話す。もっとも、前半は大宮の守備を崩せず「まったりしてしまった」という展開のなか、貴重な先制ゴールを奪い、チームを勝利に導いた姿は、良いアピールになったはずだ。
 
「攻めながら決められない嫌な時間が続きましたが、1点入ってから、みんなも気持ちが楽になったと思います。その後は自分たちのリズムでやれましたし、上手く追加点を決められました。後半は良い試合をできました」と、清武も評価する。
 
 セットプレーから頭で決めた清武にとって“珍しいゴール”は、チームを連勝に導き、自らの存在意義も示す大切なゴールとなった。
 

【大宮0-3C大阪PHOTO】攻撃の迫力を欠いた大宮がC大阪に完封負け


取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:5/21(日) 7:00
SOCCER DIGEST Web