ここから本文です

【U-20】南アの現地メディアが「15歳の久保が才能を見せつけた」と称える

5/21(日) 22:33配信

SOCCER DIGEST Web

下馬評では「我々のほうが有利だった」との弁も。

[U-20ワールドカップ・グループリーグ第1戦]U-20日本代表2-1U-20南アフリカ代表/5月21日/水原(韓国)

日本代表戦を彩る美女サポーター

 U-20ワールドカップの初戦で鮮やかな逆転勝利を飾ったU-20日本代表。南アフリカに先制されるも、後半に小川航基、堂安律がゴールを挙げ、幸先の良いスタートを切った。
 
 何度かゴールチャンスを掴みながらも敗れ去った南アフリカの現地メディアは、悔しさを隠し切れない様子。サッカー専門サイトの『SOCCER LADUMA』は、「1-0とリードしてからお互いに好機があり、我らがアマジタ(U-20南アフリカ代表の愛称)はスコアをダブルにできる可能性が十分にあったが、あの時間帯に逃がし続けたのが結果的に響いた」とし、「次の1点を取ったのは日本だった。後半の開始早々に決め切ったのが大きい」と分析した。
 
 さらに、57分から投入された久保建英については、「15歳の久保はピッチに入るやいなや、立ちどころに才能を見せつけた。ゴールにこそ繋がらなかったが、いきなり小川に通したスルーパスは見事」と称えた。
 
 かたや、全国紙の『ISOLEZWE』紙はその電子版で、「アマジタの致命的な守備が最大の敗因」と指摘。「ダボ・セノン監督はこの試合(日本戦)での不甲斐ないアマジタの守備を、早急に立て直さなければならない。でなければ今大会で生き残れないだろう。前半は日本のシュートミスに助けられたが、後半は守備の混乱ぶりがより顕著になり、明らかに強度が欠けていた」と切り捨てた。
 
 下馬評では「我々のほうが有利だった」と大きな期待を寄せていたようで、「逆転されてから必死に食い下がったが、アタッカー陣に爆発力が足りなかった」と、最後はトーンダウン気味にレポートを締めくくった。

最終更新:5/22(月) 7:11
SOCCER DIGEST Web