ここから本文です

新潟の永代供養墓地 事実婚、姉妹、友人、恋人でも入れる

5/22(月) 11:00配信

NEWS ポストセブン

 永代供養墓とは本来、「継承を前提としないお墓」を指すという。お墓を継ぐ人が途絶えても、お寺が続く限り、文字どおり「永代にわたって供養される」というお墓だ。

 しかし、その詳細について知る人は意外と少ないのではないだろうか。そこで、ノンフィクションライターの井上理津子氏が実情に迫った。

 * * *
 永代供養墓は、地方から出てきた人たちの多い都市部に限った需要かと思ったが、そうではなかった。

 新潟の市街地から南西へ25kmほどの海辺の小さな町、旧巻町(現・新潟市西浦区)に、全国に先駆け1989年に風変わりな永代供養墓を設けて以来、人気を集め続けているお寺があるとの情報を得て、向かった。

 新潟駅から3両編成の電車がゴトゴトと走るJR越後線に乗ること20分。内野駅で降り、タクシーを使う。「日蓮宗妙光寺へ」と告げると、「あなたもお墓の見学ですか? 妙光寺に(お客を)送るのが多いんです」と運転手さんが笑った。

 20分ほどで、松の木々が風流に枝を伸ばす広い境内に入る。円錐形の造形物がちらちら見えてきた。「安穏廟」という名のお墓群だった。

 迎えてくれた妙光寺住職の小川英爾さん(64才)に、さっそく案内してもらう。

 妙光寺は1313年創建の古刹。境内は5000坪もある。森の中へと進むと、ウグイスの鳴き声がした。芝生に敷石された広々とした広場に、直径約2mの8角形の墳墓30基が並んでいた。形がなんともユニークだ。外側を、個別に仕切られた8つのカロート(納骨スペース)が囲んでいる。それが、今空きが5区画のみになったという最新型のお墓だった。お値段は?

「カロート1区画に、骨壷なら3体、布袋等なら3体程度入り、何体入れても85万円です」と小川住職。

 地方とはいえ安いなあ、と思った。

「人生・万歳!!」
「明るく美しく 永遠の道に臥す」
「セ・ラ・ヴィ」
「向日葵のように」
「後の世も二人静かにこの里で」

1/5ページ