ここから本文です

初夜がまさかの午前2時スタート……格式にこだわりすぎな武家の婚礼

5/22(月) 12:00配信

BEST TIMES

『江戸の性事情』(ベスト新書)が好評を博す、永井義男氏による寄稿。

『昔々物語』に、七十年以前の武家の婚姻について書かれている。
 同書の成立は享保十七年(1732)ころと見られているので、七十年前といえば寛文二年(1662)で、四代将軍家綱の時代である。江戸時代初期の武家の婚礼の様子といえよう。

 武士の結婚はあくまで家と家の結婚だった。また、女が男の実家の屋敷に嫁入りし、数世代同居となるのが当然だった。

 婚礼の日、新郎の実家にも新婦の実家にもそれぞれ親類縁者が集まり、料理を出してもてなし、夕暮れを待った。日が暮れかかると、新郎の実家では門前や玄関、台所に家紋のついた丸提灯をかかげた。

 暮六ツ(日没)の鐘が鳴ってもまだ花嫁がやってこないようだと、何度か催促の使者をたてたあと、花婿の親類ふたりが花嫁の実家に行き、こう告げた。
「お輿(こし)がおくれているようです。早くお輿入れくださいと新郎の両親が申しておりますので、お迎えにまいりました」
 花嫁の側では親類はこう挨拶する。
「押し付け出すつもりでございます」
 しかし、なにかと手間取り、五ツ(午後八時ころ)になってようやく、白張り無紋の丸提灯を青竹で多数かかげ、花嫁をのせた輿が実家を出発する。

 総じて、花嫁の実家はなにかと理由をつけて、輿の出発をおくらせようとする。いっぽう、花婿の実家はとにかく輿の出発を早めさせようとする。
 花嫁の輿の出発が早いのは実家の恥、輿の到着がおそいのは花婿の実家の恥と見られており、おたがいに意地の張り合いのようになっていたのだ。

  このため、花嫁が花婿の実家に輿入れしてくるのは早ければ暮六ツ、おそい場合は九ツ(午前零時)や八ツ(午前二時)になることもあった。
 新郎と新婦の実家がおたがいに家格をほこり、いわゆる「武士の意地」を張り合っていたわけだが、一番迷惑したのは新郎新婦である。その日の夜が、ふたりにとって新枕(にいまくら)、いわゆる初夜なのだから。

 格式にこだわる婚礼の場合、肝心の新郎と新婦がないがしろにされた。往々にしてふたりの新枕が深夜になったのは、連載第86回「縁談から初夜までたった16日!?  江戸のスピード結婚」にも書いたとおりである。

文/永井 義男

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。