ここから本文です

ツアー・オブ・ジャパン第1ステージ【堺】個人TTはサマーヒルが優勝

5/22(月) 0:44配信

CYCLE SPORTS.jp

日本人最高位は岡篤志、8位

『NTN presents 第20回ツアー・オブ・ジャパン(アジアツアー2.1)』が2017年5月21日(日)、大阪・堺市で開幕した。

第1ステージは2.65kmのコースで個人タイムトライアルが競われ、16チーム、95選手が出走。第3グループで44番走者だった米国のダニエル・サマーヒル(ユナイテッドヘルスケア)が3分15秒53で優勝し、総合リーダーのグリーンジャージに袖を通した。

「初めての日本で素晴らしい経験ができた。ここは美しい国で、とても清潔で、いい時間を過ごせそうだ。(今日は)チームのみんなが1位を狙っていたと思う。チームの誰かがこのレースの最後に1位だったらいいなあと僕は思っているよ」と、サマーヒルはゴール後に語った。


■第1ステージ結果[堺/2.65km(個人タイムトライアル)]
1 ダニエル・サマーヒル(ユナイテッドヘルスケア/米国)3分15秒53
2 アンソニー・ジャコッポ(アイソウェイスポーツ・スイスウェルネス/オーストラリア )+0:00:45
3 イバン・ガルシア・コルティナ(バーレーン・メリダ/スペイン)+00:00.83
4 ジョン・アベラストゥリ・イサガ(チーム右京/スペイン)+00:01.44
5 マルコ・カノラ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/イタリア)+00:02.81
6 オスカル・プジョル(チーム右京/スペイン)+00:03.54
7 ネイサン・アール(チーム右京/オーストラリア)+00:03.79
8 岡篤志(宇都宮ブリッツェン/日本)+00:03.79
9 ロビー・ハッカー(アイソウェイスポーツ・スイスウェルネス/オーストラリア)+00:04.32
10 ラックラン・ノリス(ユナイテッドヘルスケア/オーストラリア)+00:04.88

[各賞]
■ポイント賞:ダニエル・サマーヒル(ユナイテッドヘルスケア/米国)
■新人賞:イバン・ガルシア(バーレーン・メリダ/スペイン)
■チーム成績:チーム右京(日本)

最終更新:5/22(月) 0:44
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年10月号

株式会社八重洲出版

10月号
毎月20日発売

特別定価890円