ここから本文です

ツアー・オブ・ジャパン第2ステージ【京都】はカノラが優勝

5/22(月) 18:03配信

CYCLE SPORTS.jp

最終周回でアタックし、逃げ切ってグリーン・ジャージも獲得

『NTN presents 第20回ツアー・オブ・ジャパン(アジアツアー2.1)』第2ステージは2017年5月22日(月)、京都・けいはんなプラザ周回コース6周を含む105kmで競われ、最終周回でアタックしたマルコ・カノラ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)が逃げ切り、区間優勝した。

カノラは総合首位に立ち、グリーン・ジャージも獲得した。

■区間優勝して総合首位に立ったカノラの共同記者会見コメント「僕はNIPPO・ヴィーニファンティーニのメンバーであることを誇りに思っている。そのNIPPOにとってTOJは大事なレースの1つで、そこで区間優勝できてとてもうれしいよ。最後にアタックして1人で走ったのはとてもエキサイティングだったが、とてもキツかった。」

■第2ステージ結果[5月22日/京都/105km]
1 マルコ・カノラ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/イタリア) 2時間44分17秒
2 ジョン・アベラストゥリ(チーム右京/スペイン)+7秒
3 ルーカスセバスティアン・アエド(ユナイテッドヘルスケアプロサイクリング/アルゼンチン)+7秒
4 岡篤志(宇都宮ブリッツェン/日本)+7秒
5 窪木一成(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)+7秒
6 イバン・ガルシア・コルティナ(バーレーン・メリダ/スペイン)+7秒
7 鈴木龍(ブリヂストンアンカー/日本)+7秒
8 ロビー・ハッカー(アイソウェイスポーツ・スイスウェルネス/オーストラリア)+7秒
9 ミルサマ・ポルセイェディゴラーホル(タブリーズ・シャハルダリチーム/イラン)+7秒
10 横山航太(シマノレーシングチーム/日本)+7秒

■第2ステージまでの総合成績(グリーン・ジャージ)
1 マルコ・カノラ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/イタリア) 2時間47分25秒
2 ジョン・アベラストゥリ(チーム右京/スペイン)+9秒
3 ダニエル・サマーヒル(ユナイテッドヘルスケア/米国)+14秒
4 イバン・ガルシア・コルティナ(バーレーン・メリダ/スペイン)+15秒
5 オスカル・プジョル(チーム右京/スペイン)+18秒
6 ネイサン・アール(チーム右京/オーストラリア)+18秒
7 岡篤志(宇都宮ブリッツェン/日本)+18秒
8 ロビー・ハッカー(アイソウェイスポーツ・スイスウェルネス/オーストラリア)+18秒
9 ラックラン・ノリス(ユナイテッドヘルスケア/オーストラリア)+19秒
10 ベンジャミ・プラデス(チーム右京/スペイン)+19秒
14 イバン・サンタロミータ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/イタリア)+21秒
25 中根英登(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)+24秒
41 ミルサマ・ポルセイェディゴラーホル(タブリーズ・シャハルダリチーム/イラン)+31秒

[各賞]
■ポイント賞:マルコ・カノラ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/イタリア)
■山岳賞:初山翔(ブリヂストン・アンカー/日本)
■新人賞:イバン・ガルシア・コルティナ(バーレーン・メリダ/スペイン)

最終更新:5/22(月) 18:03
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年12月号

株式会社八重洲出版

12月号
毎月20日発売

特別定価890円

自転車雑誌サイクルスポーツは毎月20日発売!

Yahoo!ニュースからのお知らせ