ここから本文です

乾貴士、日本人初バルセロナ戦2発に世界も衝撃「イヌイが歴史作る」

5/22(月) 18:23配信

THE ANSWER

スペインリーグ最終節で乾が衝撃の2発

 サッカーのスペイン、リーガ・エスパニョーラ最終節でエイバルの日本代表MF乾貴士がバルセロナ相手に2ゴールを決めた。バルセロナとの公式戦での日本人選手の得点は初めて。エイバルは2点リードから4失点して逆転負けを喫したが、名門相手に乾が見せた2ゴールは世界に衝撃を与えている。

【画像】リオ五輪に出場した日本人イケメンアスリート

 28歳の日本人MFは前半7分に左足ボレー、後半16分にも左足でドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが守るバルセロナゴールをこじ開けた。

 試合後、ドイツ地元紙「キッカー」電子版をはじめとする海外メディアもこのゴールをレポート。英サッカー専門誌「フォー・フォー・ツゥー」電子版は「日本代表のイヌイがバルセロナ戦でのゴールで歴史を作る」との見出しで特集し、強豪相手のゴールがいかに至難の技かをレポートした。

 またスペイン地元紙「スポルト」電子版では「イヌイがエイバルを牽引し、バルセロナの奇跡をさらに困難なものとした」とレポート。レアル・マドリードが優勝を決めたリーグ最終節で、乾が逆転Vを目指したバルセロナを苦しめた様子を伝えている。

 世界屈指のレベルの高さを誇るスペインリーグでレギュラーの座をつかみながら、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督から招集を見送られている侍が世界に衝撃を与える活躍で、一躍その名を轟かせた。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:5/22(月) 18:55
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。