ここから本文です

ブリヂストン「絶対にパンクしない自転車用タイヤ」、東京五輪に向けて開発中

5/22(月) 17:30配信

WIRED.jp

ブリヂストンが2020年に世界の目が東京に集まるそのときを見据え、取り組んでいる「パンク知らずのタイヤ」。その自転車用製品の開発が発表された。夢の実現を可能にするのは、マテリアルとデザインにおける革新だ。

「パンクしないタイヤ」は、もうすぐそこに

タイヤメーカー大手ブリヂストンは、以前から空気圧の代わりに特殊形状の樹脂で車体を支える非空気入りタイヤ、「Air Free Concept」(エアフリー・コンセプト)の実用化を進めている。従来のように空気を注入しなくても使えるため、絶対にパンクすることがないという夢のようなタイヤだ。

そして今年、同社は子会社のブリヂストンサイクルと共同で、同様の自転車用エアレスタイヤの開発に乗り出している。

ブリヂストンが最初にタイヤの常識を覆したのは2011年。空気圧に頼らない自動車用タイヤというアイデアの特許を取得したことに始まる。同社が掲げるAir Free Conceptとは、その名が示すとおり空気圧でタイヤを膨らませるという既成概念と決別しようというもの。ちなみに同様の技術開発を進めているのはブリヂストンだけではない。数年前にも、韓国メーカーのハンコックタイヤが自動車のリムにもはめられるエアレスタイヤを披露し話題になった。

ターゲットは「東京オリンピック」

自転車用エアレスタイヤの仕組みは、熱可塑性樹脂を用いたスポーク構造によって伸縮する車輪が、回転しながら形状を変化させることで、搭乗者や車体の重量を内側から支えるというもの。基本的な概念は自動車用の仕組みと変わらない。

また、タイヤの生産に使われている素材はすべてリサイクル可能な物質であり、使い古したタイヤは一切廃棄されることなく新たな商品へ生まれ変わるのだという。エアフリーの概念は、パンク時に生じるタイヤ交換の手間を省けるだけでなく、廃棄物から生じる二酸化炭素の低減にもつながるというわけだ。

熱可塑性樹脂とは、熱すると柔らかくなり冷やすと固くなる合成樹脂のことで、用途や環境にあわせて多用な形状に変化する性質をもつ。ブリヂストンは、この特性を高速で回転しながら熱を帯びる車輪に応用し、従来の空気圧に頼ることなくタイヤの弾力を発生させる次世代型タイヤにたどり着いた。

今回の自転車用エアレスタイヤについては、2020年の東京オリンピックで世界中の人々が往来する機を見越して、2019年の流通を目指している。持続性と利便性とを両立できる製品として注目されていくことは間違いないだろう。

RITSUKO KAWAI

最終更新:5/22(月) 17:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。