ここから本文です

「みぎわさんと冬田さんがめちゃくちゃ可愛かった」意外なキャラが好感度を爆上げした『ちびまる子ちゃん』1101話

5/22(月) 21:01配信

おたぽる

 5月21日に放送されたTVアニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)第1101話。今週もさまざまな反響がネットに上がっていたので、ネットの声とともに内容を紹介したい。

 前半に放送されたのは「『うみたて卵が食べたい』の巻」。風邪気味の友蔵のためにまる子のおばあちゃん・こたけは1個50円もする卵を買ってきた。これを食べたまる子はその美味しさにとても感動する。だが友蔵は、昔よく食べていた“産みたての卵”はこれの100倍美味しいと言い張る。

 どうしても産みたての卵を食べたくなったまる子は、近所で鶏を飼っている家に何かと恩を売りつけて、卵をおすそ分けしてもらうことに成功。格別の卵を味わうのだった。

 後半のエピソードは「『まる子は雨とともに』の巻」。ある日、たまちゃん、はまじ、ブー太郎と約束していた植物採集の舞い合わせに遅れてきたまる子。まる子が合流した途端に雨がザーザーと降りだす。これによってまる子は雨女と言われる羽目に。まる子自身も「そういえば最近出かけるときはいつも雨なんだよね」と自覚しているようす。

 翌日、学校ではまじとブー太郎がまる子を雨女と言ってからかう。黒板に大きく「さくらは雨女」といった落書きまでしておちょくってくる。これを止めたのが意外にも、みぎわさんと冬田さんだった。2人は「男の子って好きな女の子のこといじめるでしょ?」「さくらさんのことが好きなの?」と、はまじとブー太郎をおちょくり返して追い払う。これにはネット上で「あれ、2人が珍しく優しい」「サンキューブスコンビ」と称賛の声が。

 そしてみぎわさんと冬田さんはまる子とたまちゃんをピクニックに誘う。まる子は一度は行こうと思うが、雨女の自分が行くとピクニックが台無しになるといって断る。

 だが後日、再びみぎわさんと冬田さんはまる子を誘いに来る。なんでも冬田さんは晴れ女らしく、まる子が雨女でも大丈夫とのこと。こうして日曜日にたまちゃんも含めた4人でピクニックに行くことに。

 日曜日、天気は朝から快晴で絶好のピクニック日和。「冬田さんのおかげかねえ」とまる子は安堵する。だが目的地のお花畑に向かう途中、土砂降りの雨が降りだしてしまった。公園の遊具の中で雨宿りをしながらまる子は3人に謝ると、冬田さんは「さくらさんは悪くないわよ。さくらさんを誘った私たちが悪いのよ」と、フォローにはなっていないが一応気をきかせてくれた。

 さらにみぎわさんは大雨の中でカッパを着て雨に打たれるのは楽しいと言い出す。そして自称晴れ女のくせに唯一カッパを持ってきていた冬田さんはカッパを着て雨の中へ。すると「楽しい!」と盛り上がり、みんなでカッパを交代して着て大雨を楽しむのだった。

 そうこうしているうちに雨はやんでいく。辺りを見渡すと、雨に濡れた花がキラキラと輝き、虹も出て最高の景色が広がっている。こうして4人は雨のピクニックを十分に楽しむのだった。

 最後まで普通に良い人だったみぎわさんと冬田さんには「今日はみぎわさんと冬田さんがめちゃくちゃ可愛かったな」「冬田さんとみぎわさんが天使みたいな回」「この2人は男が絡まなければ普通に良い子だね」と見直す声が続出。今回は意外なキャラが株を上げた回だった。

最終更新:5/22(月) 21:01
おたぽる