ここから本文です

47都道府県で女子に愛される地元のメイブツ【高知県編】

5/22(月) 16:01配信

女性自身

“ミレー”といえば、名画「落穂拾い」を描いた画家ではなくて、ビスケット!が高知県の当たり前。昭和30年ごろから“豆の野村”として親しまれる、野村煎豆加工店の「ミレービスケット」は県内のスーパー、コンビニに必ずある長年の愛されフード。

小ぶりで、ザクザクとした食感、ほんのり塩味、“揚げる”製法ならではの香ばしさ。そのド定番の味はさまざまなフレーバーとの相性を問わず、チョコレートを挟んでも、アイスに入れても、コーンポタージュやブラックペッパー風味でもバッチリ。

「しかも袋のキャラ“ミレーちゃん”は故・やなせたかしさん作ぜよ!」というわけで、高知県警察やキティちゃんともコラボ……味も見た目もピースフル、なんと現在販売されている商品は35種類!「定番も進化版も、全部たべなきゃ、いかんちゃ!!!」。

高知県が5年の歳月をかけて栽培に成功したのが「国産ベルガモット」。紅茶のアールグレイの香りづけでおなじみのイタリア原産柑橘果実はみかんの仲間。その栽培に、県のみかん農家が挑戦。イタリアで”緑の黄金”と称される最高品種のクオリティを目指し続けている。

国内初のフレッシュでみずみずしいベルガモットを堪能してもらいたい、と爽やかなスパークリングジュースを発売。その香りは、包まれるだけで幸せ。

最終更新:5/22(月) 16:01
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2782号・7月11日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

ベンガル 妻が認めた朝加真由美との不倫
大地真央 夫が認めた結婚10年目の別居生活
松居一代 船越英一郎が怯えたGPS24時間監視