ここから本文です

リラックスしすぎちゃう!?話題のベネクス『リカバリーウェア リチャージPro』を試してみた

5/22(月) 19:10配信

@DIME

僕の親父は、お金に対して誠実な男である。無駄金はほとんど使わず、正当な金額でしかモノを購入しない。例えば、家族旅行の途中で寄ったサービスエリアでの買い食いが禁止だったりする。割高だからだ。時折、外食に行くこともあるが品目は親父が選ぶ。母、姉、僕に選ぶ権利はナッシング。家長制度が完璧に機能していたヨシムラ家である。

【写真】リラックスしすぎちゃう!?話題のベネクス『リカバリーウェア リチャージPro』を試してみた

しかし、そんな親父の財布の紐が数年に一度ダルダルに緩む。今までお金を使わなかった鬱憤を晴らすかのように散財。お袋はその状態になった親父を「親父がバクった」と評していたっけ。

近年、親父がバクったのは確か2年前。

僕が帰宅するとテーブルの上に、拳ほどの大きさの箱が置かれていた。ナンダ?と思い、開けてみるとフランク・ミューラーのクレイジーアワーが入っているではないか!

「どうしたの?」と聞けば、中古腕時計の展示会に偶然出くわし買ったとのこと。お値段50万円。

半刻ほど経つとお袋が帰宅した。上記の買い物に驚きつつも「ま、親父の稼いだお金だからね」と言い、自らの溜飲を下げた。一瞬、親父が席を離れ、紙袋をぶら下げて戻ってきた。「フフフ~ン♪」と鼻歌交じりに紙袋から新たな箱を取り出す。

リビングがヒヤリと凍る。

そして「おい、お前にも時計買ってきたぞ」と想像はしていたが、一番聞きたくないフレーズを放つ。お袋が恐る恐る箱を開けると、入っていたのはギンギラに光る腕時計。シンプルが主流な現代に似つかない攻撃的なデザイン。

お袋は「ありがとう、けど、派手な時計だねぇ」と言い、腕に付けた。

それを横目に「ハワイで買ってやれなかったからさ」と親父。

実は、この腕時計には長年連れ添った夫婦ならではのエピソードが。30年前のハワイへの新婚旅行で、お袋が親父にねだったモノらしい。しかし、当時の値段で300万。「コレは買えないよ」と諦めたそうな。

近々の事情は忘れているが、昔の出来事はしっかり記憶しているのが年配者。例の展示会で、運命的な再開。しかも「83%OFFの50万円になっとるではないか」と即購入。

親父は悦に入りつつ僕に夫婦と腕時計の奇縁について語り、気分も乗ったのだろう、そのノリのままスナックへと向かった。

親父が消えたリビングにお袋の悲鳴が響く。

「こんなのいらないよー!」

「いや、欲しかったんでしょ?」

「30年前に欲しかったモノが今でも欲しいと思う?」

「いや、思わないけど」

「親父になんて言えばいいかな、店に返品できないかな?」

「いや、無理だよ。それ訪問販売とかじゃないからクーリングオフ使えないよ」

腕時計は一度も外に出ることはなく、実家のリビングに鎮座している。

お袋曰く「すごく大事なモノだから、安易にして出かけられない」とのこと。

この衝動買いの癖は、息子の僕にも組み込まれている。

先日、意味なく百貨店のスポーツ用品コーナーをブラついてると黒い箱が目に留まった。手に取ると「ベネクス リカバリーウェア リチャージPro」という見慣れない単語。

店員から「今、こういった商品が流行しているんですよ」と声をかけられた。

「なんか眉唾ですよね?本当に効果あるんですか?」と聞けば「9割の人が効果ありと言います。私も愛用していますが、リラックスしすぎちゃうので家でしか着れないんですよ」と熱弁。確かに説明文には・運転中の着用はお避けください。と書いてあるではないか。

肩こりや睡眠が浅いと話せば、それにも効果アリと言うではないか。

おいおいおいソソられるなあ、と値段を見て驚き18000円。流石にTシャツ一枚に払える金額ではない。

しかし、この強気な値段設定が効果を保証してくれているような気もしてくる。

クレジットカード一括払い、ヨシムラ家伝統の衝動買い。

帰宅後、すぐに着てみた。ストレッチがキツく、僕のだらけた身体をキュっと締める。鏡で自身を見れば、胸と腹が出た中年体型の男にTシャツが食い込んでいる。縛られるチャーシューの気持ちが分かったね。

1日着てはみたものの、リラックスなんか全然しなかった。強烈な補整が働き背筋は伸び、ちょっとキツい。「やべ、買って失敗したかも」と嫌な汗を流しながら、タンスに戻した。

数日後、もったないからと寝巻きとして再度トライ。覚えのあるキツさに戸惑いつつも床に着く。そして朝。自身の目覚めの良さに驚く、こんな感覚は小学生以来。「体力回復したぁ」と言いたくなるほどに上質な睡眠である。ここ数年悩まされていた寝起きを襲う身体の鈍痛は薄れ、すぐに行動開始。「これはマジでスゴい」と一人つぶやく。

着ているうちに、だんだんと補整にも慣れる。背筋が伸びる感覚も病みつきに。普通の服が物足りないと、ずっと「ベネクス リカバリーウェア リチャージPro」を愛着。

しかし、数日着てみて「リラックスしすぎちゃうので家でしか着れないんですよ」という店員の言葉が蘇る。

コレ着るだけで、ホっと包まれる不思議な感覚になる。繊維に埋め込まれた鉱物が微弱な電磁波を発し、筋肉の緊張をほぐす仕組みらしい。血流促進効果もあるので少々温い。つまり眠くなっちゃうんだよね。ハッキリ云って。仕事中には絶対に着てはいけない危険な服である。

高いだけあって、洗濯しても効果が薄れることがないそう。

ハマったら抜け出せない、悪女のような魅力がある。疲れている方に絶対オススメできるが、節度のある付き合い方をするべき。

そんな「ベネクス リカバリーウェア リチャージPro」である。

「ベネクス リカバリーウェア リチャージPro」、僕ならどう宣伝するか?

現在は大人用しかないがキッズサイズを作れば良い。特に、中学受験をする子供向けの展開がいいだろう。あの世代の子供は、死ぬほど勉強しており、疲労度合も大人並み。受験というプレッシャーからストレスも大きいだろう。

中学受験をする家庭は世帯年収も高い。「子供のためならば!18000円!」と教育ママが出し惜しみすることもない。

大手学習塾と「ベネクス リカバリーウェア」のコラボ、実現したら面白い。

文/ヨシムラヒロム

@DIME編集部

最終更新:5/22(月) 19:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年10月号
8月16日発売

定価600円

売り切れ御免!調理家電&ヒット食品
ふるさと納税 極ウマ返礼品・ベスト47
ホリエモン流 超仕事術公開
タイプ別 痩せるカラダマネジメント