ここから本文です

歴史に名を刻んだ乾貴士。バルサ戦で日本人初得点、リーガ通算得点も日本人最多に

5/22(月) 5:32配信

フットボールチャンネル

 リーガエスパニョーラ第38節が現地時間の21日に行われ、バルセロナとエイバルが対戦。エイバルのMF乾貴士はこの試合で2ゴールを挙げる活躍を見せた。

海外組、出場率トップ5! 欧州5大リーグで最も試合に出場している日本人選手は?

 乾は前半7分、右からのクロスにファーポストで合わせてエイバルの先制点を記録。61分にも再び右からのクロスを受けて強烈なシュートを突き刺し、リードを2点に広げた。だがバルサはそこから4ゴールを奪い、最終的には4-2でバルサの勝利という結果に終わっている。

 バルセロナとの公式戦で日本人選手がゴールを奪うのは史上初の快挙となった。当然ながらバルサの本拠地カンプ・ノウでの得点も初めて。しかも、一気に2ゴールを奪ったのだから驚きだ。

 今季は第29節ビジャレアル戦でようやく初ゴールを記録していた乾だが、1年目の昨季と同じ計3ゴールでシーズンを終了。リーガ1部での通算6得点は、大久保嘉人(現FC東京)がマジョルカで記録していた5得点を上回り、日本人選手で最多となった。乾はリーガでの日本人最多出場記録も更新を続けている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ