ここから本文です

南アフリカ製作SFアクション『リヴォルト』世界最速公開決定 ポスタービジュアル&予告編も

5/22(月) 16:05配信

リアルサウンド

 南アフリカ製作のSFアクション映画『リヴォルト』が、全世界に先駆けて7月1日に日本公開されることが決定。あわせてポスタービジュアルと予告編が公開された。

動画

 本作は、数々のCMやPVを手がけてきた気鋭の映像作家ジョー・ミアーレによる初の長編監督作。未知のロボットに支配された地球を舞台に、記憶を失った元アメリカ軍兵士と、医者を名乗る女の逃避行を描く。

 記憶喪失の主人公ボー役で主演を務めるのは、『ホビット』シリーズのリー・ペイス。ヒロインには『007 スカイフォール』でボンドガールを演じたベレニス・マーロウが抜擢された。

 このたび公開されたポスタービジュアルには、“人類殲滅寸前”のコピーと数々のロボットの姿とともに、背中合わせに険しい表情を見せるペイスとマーロウの姿が捉えられている。

 一方の予告編では、留置所で目を覚ましたペイスがマーロウから「我々は侵略された」と伝えられる場面から始まる。虐殺機械の脅威をなんとか回避しながら、奴らの秘密を暴くため基地へと向かう2人。残酷な現実でも生き残るため、自らの記憶を取り戻すために彼らが戦う姿が映し出されている。

リアルサウンド編集部

最終更新:5/22(月) 16:05
リアルサウンド