ここから本文です

「サッカー小僧が伝説残した」 エイバル乾の敵地バルサ戦2ゴールを岡崎が称賛

5/22(月) 6:25配信

Football ZONE web

日本人として初めての偉業達成を受けて、ツイッターにメッセージを投稿

 エイバルのMF乾貴士は現地時間21日、リーガ・エスパニョーラ最終節バルセロナ戦に先発出場。日本人史上初となる対バルサ戦での得点となる先制ゴールを含む2得点をマークした。この活躍ぶりにレスター・シティの日本代表FW岡崎慎司も、ツイッターで「今後日本人としてあるかどうかも分からない事をした」「サッカー小僧が伝説残した」と絶賛している。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 乾はこの日も左サイド2列目でキックオフの笛を聞いた。前半7分、MFアンデル・カパが上げた右サイドのクロスに対して、左サイドでフリーとなると左足ダイレクトで合わせて先制ゴール。逆転優勝を狙うバルサの勢いをそぐ今季リーグ戦2点目に、乾は喜びを露わにした。

 その後も同44分に再び乾がカットインからのシュートを放つと、GKテア・シュテーゲンがはじき切れず、FWセルジ・エンリクが決定機を迎え、後半開始直後も左サイドをドリブルで突破し、MFラキティッチをかわすとニアサイドを狙ったシュートを打つなど躍動する。すると同17分、カウンターからエンリクのパスを受けて左サイドでフリーになると左足ハーフボレー。再びバルサGKテア・シュテーゲンの頭上を打ち破った。

「興奮しない日本のサッカーファンはいない」

「乾たかしがカンプノウで2発。 このニュースを知って興奮しない日本のサッカーファンはいないと思う。 負けたけど、今後日本人としてあるかどうかも分からない事をした。 サッカー小僧が伝説残したと思う。 興奮が冷めない」(原文ママ)

 試合こそ、その後FWメッシ、FWルイス・スアレス、FWネイマールの“MSNトリオ”を筆頭にしたバルサの猛反撃に遭い、エイバルは2-4の逆転負けを喫した。しかし日本代表で歴代3位となる通算50得点を決めている侍ストライカーから見ても、7万4932人が詰めかけたバルサの聖地カンプ・ノウを凍りつかせた乾の2ゴールは、衝撃的なものだったようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/22(月) 9:07
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新