ここから本文です

レアル、優勝決定とともにクラブ初の偉業。リーガ「全試合」でゴールを記録

5/22(月) 9:08配信

フットボールチャンネル

 スペイン・リーガエスパニョーラの最終節となる第38節が現地時間の21日に行われ、レアル・マドリーはアウェイでマラガに2-0の勝利を収めた。この結果、マドリーは5年ぶり33回目のリーガ優勝を決めている。

3位C.ロナ、2位ベイル、1位は…移籍金歴代トップ10

 引き分け以上で2位バルセロナを抑えての優勝を決められる状況だったマドリーは、開始直後にエースのFWクリスティアーノ・ロナウドが抜け出して先制ゴール。後半にはFWカリム・ベンゼマもゴールを加え、そのまま勝利を飾った。

 C・ロナウドの先制ゴールにより、マドリーはひとつの新記録も達成している。今季リーガの全38試合で無得点に終わったことは一度もなく、全試合でゴールを記録。スポーツのデータ分析を手がける『Opta』によれば、クラブ史上初の偉業となった。

 また、この得点でマドリーは公式戦での連続ゴール記録を64試合に伸ばした。以前のクラブ記録であった「41試合」を2月に更新し、バイエルン・ミュンヘンの保持していた欧州5大リーグ最長記録の「61試合」も上回って記録の更新を続けている。

 今季最後の試合となるチャンピオンズリーグ決勝では、欧州屈指の堅守を誇るイタリア王者ユベントスと対戦する。その試合でもゴールを奪い、今シーズンを「全試合得点」で終えることができるだろうか。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)