ここから本文です

ケルンのエースに退団の可能性? 本人残留希望もSDは「魅力的なオファーが来たら…」

5/22(月) 19:01配信

フットボールチャンネル

 ケルンに所属するアントニー・モデストは来季もチームに残るかどうかまだ決まっていないようだ。

3位C.ロナ、2位ベイル、1位は…移籍金歴代トップ10

 現地時間20日に行われたブンデスリーガ第34節でケルンはマインツと対戦し2-0で勝利を収めた。この結果、クラブは5位となり来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得した。

 実に25年ぶりの欧州カップ出場権を得たケルンでモデストはリーグ戦34試合に出場し25得点の大活躍を見せた。試合後、独メディア『スカイ』のインタービューで「このチームが好きだし、残ることを望んでいる。しかしイェルク・シュマトケSD(スポーツディレクター)と話をしなければならない」と来季について白紙を強調した。

 先日、仏紙『レキップ』は中国スーパーリーグ(CLS)の天津権健がモデストに対して4年総額4400万ユーロ(約53億円)で獲得に乗り出すと報じた。また、シュマトケSDは「我々はあらゆる手段を使って彼を残留させるとは言えない。もし魅力的なオファーが届いたら、話し合いをしなければならないだろう」と条件次第では放出もやむなしと考えているようだ。

 なお、29歳のモデストはケルンと2021年まで契約を結んでいる。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)