ここから本文です

本田、惜別のFK弾に伊メディアも高評価「外科医の執刀のように精密」「最高の去り際」

5/22(月) 19:44配信

フットボールチャンネル

 本田圭佑がFKでゴールを決めた21日のボローニャ戦後、地元紙は本田を高く評価した。ほぼすべての地元紙で評点は7をつけていた。

本田は8得点で5位 セリエA日本人得点ランキング 1位は…

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』 7
「投石(のようなシュート)でGKミランテの目を覚まさせ、2-0となる直接FKを決め、チームの3点目を決められる可能性だってあった。選手たちが言う通り、呼ばれた時に備えてちゃんと身を整えていた」

『コリエレ・デッロ・スポルト』 7
「2-0となるゴールを決め、サン・シーロに別れを告げる。ゴールを決めた直後には喜ばず、その後考え直したのはなんらかの批判のメッセージもあったのか。試合に投入されるや右でプレーし、フレッシュな状態にあることをアピールした」

『トゥットスポルト』 7
「モンテッラによる一手。リーグ出場7試合目だったが、外科医の執刀のように精密なFKを決めた」

『コリエレ・デッラ・セーラ』 7
「良質な足から繰り出すFKと、プロフェッショナルな姿勢への賛歌。去り際として最高の形ではないか」

(文:神尾光臣【ミラノ】)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)