ここから本文です

本田が直接FKで今季初ゴール! ミランはEL出場権獲得!

5/22(月) 0:02配信

SOCCER DIGEST Web

後半に送り込まれたM・フェルナンデスと本田が仕事をする。

 現地時間5月21日、ミラノのサン・シーロでセリエA37節のミラン対ボローニャ戦が開催された。
 
 ミランは勝てばヨーロッパリーグ出場権獲得の6位が確定する一戦で、エースのスソが 累積警告で出場停止。システムは基本形の4-3-3でも前節で使った3-5-2でもなく、バッカとラパドゥーラを最前線に並べる4-4-2を採用した。なお、この試合では来シーズンのホームモデルをいち早く着用した。
 
 契約満了による今シーズン限りでの退団が既定路線でサン・シーロ最終戦になる見込みの本田圭佑は、怪我で欠場した28節を挟んで公式戦29試合連続のベンチスタートとなった。
 
 序盤はボローニャに押されたミランだが徐々に盛り返し、14分、25分、29分にラパドゥーラが決定機。しかし決めきれず、スコアレスで前半を終えた。
 
 何としても勝点3が欲しいミランは、後半頭からベルトラッチに代えて技巧派MFのM・フェルナンデスを投入。それでもゴールが奪えずモンテッラ監督は57分、バッカを下げて本田をピッチに送り出した。
 
 4月23日のエンポリ戦以来となる出番を得た背番号10は、4-3-3の右ウイングに入る。ファーストプレーでは右サイドから突破してクロスを狙うも失敗。64分には中央からデウロフェウに浮き球のパスを送り、その直後には惜しいミドルを放つなど積極的に仕掛ける。
 
 すると69分、ミランがついに先制する。右サイドで本田が後ろに戻したボールを、ゴメス、モントリーボ、デウロフェウ、パシャリッチ、M・フェルナンデスと上手く繋ぎ、最後は裏へ抜け出しからデウロフェウが浮き球をダイレクトで叩き込んだ。
 
 さらに73分、今度は本田が魅せる。ペナルティーエリア手前ほぼ正面からのFKを得意の左足で振り抜くと、ボールが相手GKの手に当たった後、サイドネットに突き刺さったのだ。背番号10の今シーズン初ゴールはミランにとって貴重な追加点となり、ベンチを含めたチームメイトたちが祝福した。
 
 85分にミランは、デウロフェウを下げてクトローネを投入。下部組織出身の19歳FWは、これがセリエAデビューとなった。90分にはペナルティーエリア右で本田が抜け出し、シュートも打てる位置だったがパスを選択して失敗。しかし、その1分後、M・フェルナンデスの折り返しをラパドゥーラが蹴り込んで、さらに点差を広げた。
 
 結局、試合はこのまま3-0で終了。ミランは1試合を残して6位が確定し、来シーズンのヨーロッパリーグ出場権を獲得した。欧州カップ戦に参戦するのは、13-14シーズン以来となる。

【PHOTO】日本代表の美女サポーターたち♥

最終更新:5/22(月) 5:19
SOCCER DIGEST Web