ここから本文です

【U-20】“ドリブル小僧”遠藤渓太に充実感はなし「ドリブルで仕掛けないと出た意味がない」

5/22(月) 18:28配信

SOCCER DIGEST Web

「自分が出て逆転してやろうと思っていた」

 南アフリカとのグループリーグ初戦から一夜明けた22日、日本はサブ組を中心にトレーニングを実施した。

【U-20日本 2-1 U-20南ア PHOTO】小川、堂安のゴールで鮮やかな逆転劇

 参加したのは、南ア戦で出番のなかった7名(GK波多野豪、山口瑠伊、DF藤谷壮、杉岡大暉、MF市丸瑞希、高木彰人、FW田川亨介)と後半途中出場した2名(MF遠藤、原)の計9名。3対3やシュート練習などのメニューを消化した。

 昨日の試合で68分から出場した遠藤は、鋭いシュートを見舞うなど軽快な動きを披露。南ア戦では「自分が出て逆転してやろうと思っていた」との言葉どおり、堂安律が挙げた決勝ゴールの起点となるだけでなく、77分には小川航基からのクロスから決定的なシュートを放つなど存在感を放った。

 ただ、持ち味のドリブルを活かし切れなかったのも確かで、その点については「あまり出し切れなかった。ドリブルで仕掛けないと自分が出た意味がない。次はもっとチャレンジしたい」と、気を引き締めた。

 次戦の相手は、イタリアとのグループリーグ初戦を1-0で制したウルグアイ。個々のタレントの質が高く、球際の強さやスピードもあり、南ア以上に難敵になるのは間違いなさそうだ。

 それでも遠藤は「逃げずに自分たちが練習してきたことをやれば通用するはず。1対1の場面では負けないようにしたい」と、“ドリブル小僧”としてのプライドを覗かせた。



取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:5/22(月) 18:28
SOCCER DIGEST Web