ここから本文です

細菌の感染ルートを探るには、お札を追え!

5/22(月) 20:17配信

ニューズウィーク日本版

<香港の研究で、手の平や地下鉄構内の空気より、紙幣の表面に細菌はたくさん棲み、しかも長生きしていることがわかった>

キャッシュレス時代の到来で、現金離れが進んでいる。現金を持ち歩かなくてよいということには、意外なメリットもありそうだ。なんと紙幣には、生きた細菌ごっそり付着しているのだ。

過去の研究で、細菌が紙幣の表面で生存できることは分かっていた。だが香港で行われた最新の研究は、この細菌集団に想像を超える生命力があることを突き止めた。だとすると紙幣は、都市にはびこる細菌の感染ルートを監視するための優れた情報源になる。

【参考記事】スーパー耐性菌の脅威:米国で使える抗生物質がすべて効かない細菌で70代女性が死亡


香港大学の研究チームは、紙幣に付着した細菌の生存期間を調べるため、香港市内にある12の医療機関と3つの地下鉄駅から1枚ずつ、合わせて15枚の香港ドル紙幣を回収した。彼らが最初にやったのは、本当に細菌が紙幣の上でも死なないのかを確認すること。そのため、いったん紙幣から取り除いた細菌を、寒天を使って異なる種類の細菌や微生物を培養した何種類ものペトリ皿にそれぞれ移し替えた。スイスの科学誌「フロンティアズ・イン・マイクロバイオロジー」に掲載された結論によると、移植した細菌はすぐに繁殖、細菌が紙幣に付着した状態で生存できることが裏付けられた。

紙幣が細菌追跡の目印に

香港の紙幣に最も多く付着する細菌は、ニキビを引き起こす「プロピオニバクテリウム・アクネス(アクネ菌)」だ。アクネ菌の1種は、2013年に全身に腫物ができる難病「サルコイドーシス」の患者から見つかった。の体内から取り除く手術が初めて実施された。研究で調べた15枚の紙幣に付着していた細菌のうち、約36%に病原性があった。人体に感染する恐れがあるということだ。必ずしも人体に危険を及ぼすとは限らないが、紙幣が病原菌の巣窟であることは間違いない。

【参考記事】パーキンソン病と腸内細菌とのつながりが明らかに

「アシネトバクター」と呼ばれる細菌も多く見つかった。アメリカ疾病予防管理センターによると、この種類には、主に地中や水中で見つかる多様な細菌が含まれる。これまでに確認されたあらゆるアシネトバクターは人体への感染を引き起こす可能性があるその大半は「アシネトバクター・バウマニ」と呼ばれる細菌だ。通常、健康な人がこの細菌の影響を受けることはない。ただし免疫が弱く、慢性の肺疾患や糖尿病などの持病がある人なら、肺炎や傷口感染を引き起こす恐れがある。

医療機関と地下鉄駅という紙幣の採取場所の違いによって、付着していた細菌集団に違いは見られなかった。それは細菌が広範な地域に飛び交うことを示す重要な結果だ。論文執筆者らは、紙幣が「都市のマイクロバイオーム(人体にすむ微生物)を追跡する役割を担う」と理論立てた。



この研究チームが紙幣上で発見した細菌の種類は、人の手の平や地下鉄構内の空気、飲み水、地域の海水などから細菌を採取した過去の研究と比べても多かった。さらに紙幣に付着した細菌には、他の媒体と比べても、抗生物質が効かない遺伝子が多く含まれていた。

今回の研究は、都市に潜む細菌集団の動きを把握しようという成長著しい研究分野に入るものだ。科学者たちは今、世界中に出現している潜在的に危険な病原体を探すのに適した場所の発見に努めている。廃水やドアの取っ手など、人々が日常的に使ったり触れたりする物は、すべて細菌の居場所を示す「警告システム」の役割を果たせるかもしれないと、オランダのラドバウド大学医療センターで感染制御学を教える細菌学者アンドレアス・ヴォスは言う。彼によれば、細菌を監視するうえで最も正確な情報を得られるのは廃水だ。廃水が流れてきた場所が農場なのか、家庭なのか、公共のトイレなのかが分かれば尚更役に立つという。

ヴォスによると、紙幣の上での細菌の繁殖力は、複数の要因によって決まる。紙幣の原料や(米ドル紙幣とユーロ紙幣の原料は異なる)、紙幣を使用する地域の地形(海辺や湿気の多い地域は、空気が乾燥している内陸部と比べて細菌が繁殖しやすい可能性がある)、公衆衛生の度合いなどによって、繁殖力は異なる。香港の研究でも、チームが採取した海洋細菌の数は、海から遠く離れたインド内陸部で使用された紙幣に付いていた細菌の数よりも多かった。

耐性菌との戦いに役立つ

では、紙幣に触れるのは危険なことなのか? ヴォスは紙幣に触って病気がうつる可能性はゼロに近いと言う。だが香港の研究チームは「紙幣のやり取りによって、様々な病原体や抗生物質の効かない細菌が広まる可能性がある」と結論している。紙幣の使用によって直ちに健康に害が及ぶわけではないにしろ、その恐れはなくならないということだ。

抗生物質が効かない耐性菌は、世界レベルの脅威だ。人口密度の高い都市部は、住民同士の物理的な距離が近いため、耐性菌の感染が広がりやすい。これまで香港では鳥インフルエンザやSARS(重症急性呼吸器症候群)、豚インフルエンザなどの感染病が流行した。だからこそ細菌集団を監視する効果的な方法を確立することは不可欠だ。もしかすると今回の研究は、キャッシュレス化を急ぐのは細菌研究の上では考え物だと教えてくれたのかもしれない。ただし使用後はくれぐれも手洗いをお忘れなく。

(翻訳:河原里香)


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
毎日配信のHTMLメールとしてリニューアルしました。
リニューアル記念として、メルマガ限定のオリジナル記事を毎日平日アップ(~5/19)
ご登録(無料)はこちらから=>>

ジェシカ・ワプナー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2017-8・29号
8/22発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。

ニューズウィーク日本版の前後の記事