ここから本文です

後ろ姿が老けて見える原因「垂れ尻」を なんとかしたいときの3ストレッチ

5/22(月) 12:01配信

CREA WEB

 健康やダイエットのために何かやりたい。そんなときには、道具いらずですぐに始められるウォーキングに注目してみませんか? 

「骨盤腸整ウォーキング」を提案する山崎美歩呼先生によると、正しい姿勢でウォーキングをすることで、猫背やO脚、ぽっこりおなかも改善して、脂肪が燃焼するやせやすい体をめざせるのだそう。そこで、体のラインが変わり、姿勢よく美しく歩けるようになるための、10回レッスンを開講! 

●第9回 ヒップアップ
キュッと上がったお尻で後ろ姿にも自信を

「気づいたら、太ももとお尻の境目がなくなっていた」なんてことはありませんか?  お尻が下がっていると、後ろ姿が一気に老け込みます。お尻の位置が上がることで、足も長く見えて、後ろ姿にも自信がもてるようになるでしょう。

 足を長くすることはできなくても、長く見せることは可能です。それはお尻の高さを変えること。つまりヒップアップすれば良いのです。ただ、腰をそることでお尻を上げようとするのは腰痛のもとなのでやめてください。

 また、エクササイズでは、反動で足を上げて腰に力が入ってしまうと、腰を痛めかねないので注意してください。日常生活では、毎日の通勤電車の中でお尻に力を入れて立っていると、少しずつお尻は上がっていきますよ」(山崎さん)

ストレッチ(1) お尻上げ

 ヒップアップのためには足を真後ろに上げて大臀筋を鍛えます。小尻のためには足を斜め後ろに上げて腸腰筋を鍛えるのがポイントです。

(1) お尻に手をあてて、両足を揃えて立つ。

(2) 右足を伸ばしたままゆっくり真後ろに上げる。上半身は動かさずに10秒キープして元に戻す。反対の足も同様に。

(3) 今度は右足を真後ろではなく、斜め後ろに上げる。10秒キープして元に戻す。反対の足も同様に。

<こんな動きはNG!>

(1) 腰を反っている。

(2) 上半身が前に倒れている。

ストレッチ(2) お尻歩き

 お尻を動かすことで腸腰筋を鍛え、ヒップアップはもちろん、骨盤のゆがみも改善し、ぽっこりおなかを解消します。

 床に座って足を伸ばし、お尻を左右に上げながら、腕をふって前に歩いていく。ポイントはお尻を高く上げて進むこと。前進と後進を繰り返して1~3分ほどおこなう。

1/2ページ

最終更新:5/22(月) 12:01
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年11月号
10月7日発売

定価780円(税込)

やっぱり行きたいね、京都。

京都おいしいごはんリスト
坂口健太郎「好青年の別の顔」

Yahoo!ニュースからのお知らせ