ここから本文です

男性用トイレ擬音装置「音将軍」の発想と実行力に学ぶ

5/23(火) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 男性のトイレ内での音を消す装置が開発された。その名も「音将軍」。メーカーではなく、ツイッターユーザーによる試作品だ。その発想と実行力に、大人力コラムニストの石原壮一郎氏は敬意を表する

 * * *
 出物腫れ物所嫌わずと言いますが、出るときの音も自分の意思ではなかなかコントロールできません。大きいほうをもよおして会社や駅のトイレに駆け込み、やれやれと安心してお腹に力を入れた瞬間、思いがけず豪快な音が発生して居たたまれない気持ちに……。誰しも、身に覚えがあるのではないでしょうか。

 女性が小の音を消すために使う「音姫」の存在は、よく知られています。水を何度も流す行為を防ぐ目的で作られ、1988年にTOTOから発売されました。商品名ですが、今では「トイレ用擬音装置」の代名詞になっています。数日前、そんな「音姫」を大胆に発展させたバージョンができたという楽しげなニュースが、ネット上を駆け巡りました。

 その名は「音将軍」。どこかのメーカーから発売されたわけではなく、ひとりのツイッターユーザーが、別のユーザーの「男性とはいえトイレ(大)の音を聞かれたくないけれど(中略)ここはいっちょ『音将軍』なるものを開発して、ボタンを押したら「(法螺貝)ブオオォォーーーッ!!!(軍の歓声)ワアアアァァァーーッ!!!」というSEを流すっていうのどう?」という提案に応えて、試作版を製作しました。

 アップされた動画を見ると、トイレに設置された白くて四角くてタバコの箱ぐらいの大きさの装置で、ボタンを押すと「ブオオォォーーッ」という法螺貝の音と喧騒の音が流れます。そのバカバカしさがウケて、ネット上は大盛り上がり。「音将軍ワロタ」「ぜひ商品化して各サービスエリアのトイレ等に設置してほしいですね」といった称賛の声が大量に寄せられています。

 実際に使ったら、わざわざ盛大に「これから門を開くぞー!」とアピールしているも同然なので、けっして恥ずかしさが軽減されるわけではありません。しかし、実用性はさておき、ユニークな発想や本当に作ってしまった実行力には、心から拍手を送りたいもの。大人としてはこの「音将軍」で、大きな勉強(略して「大勉」)をさせてもらいましょう。

1/3ページ