ここから本文です

G-IIIアパレルがPVHと「DKNY」メンズのライセンス契約締結

5/23(火) 18:11配信

WWD JAPAN.com

 G-IIIアパレル グループ(G-III APPAREL GROUP 以下、G-IIIアパレル)は、PVHコープ(PVH CORP)と「DKNY」のメンズウエアにおけるライセンス契約を締結した。米国およびカナダ市場でデザイン・販売を手掛け、2018年春夏コレクションから百貨店で販売する。

 ライセンスは、新カテゴリーの“DKNY スポーツ フォー メン(DKNY SPORT FOR MEN)”に加え、メンズのカジュアル、ドレスシャツ、ネックウエア、ジーンズが対象。なお、「DKNY」は3月に米百貨店のメイシーズ(MACY’S)とウィメンズウエアとアクセサリーにおける独占販売契約を結んだが、メンズウエアはメイシーズ以外でも販売する。

 G-IIIアパレルは16年にLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)から「DKNY」を擁するダナ キャラン インターナショナル(DONNA KARA INTERNATIONAL)を買収した。「DKNY メン(DKNY MEN)」が最後にコレクションを発表したのは、15-16年秋冬シーズン。「パブリック スクール(PUBLIC SCHOOL)」のダオ=イー・チャオ(Dao-Yi Chow)とマックスウェル・オスボーン(Maxwell Osborne)が3シーズンを手掛けたが、16年春夏からはウィメンズにフォーカスしていた。

 なお、両社間のライセンス契約は、今回で4ブランド目。すでにPVHコープが擁する「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」と「トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)」の複数の製品カテゴリーに加え、G-IIIアパレル傘下の「G.H.バス(G.H.BASS)」のメンズスポーツウエアのライセンス契約を締結している。

最終更新:5/23(火) 18:11
WWD JAPAN.com