ここから本文です

5分間で「平和」を表現:国際平和映像祭2017

5/23(火) 12:50配信

オルタナ

平和をテーマにした5分間以内の作品を公募し表彰する国際平和映像祭(UFPFF)2017のキックオフイベントが5月24日、横浜美術館で開かれる。当日はUFPFF2016の受賞作の上映と一部作品の監督が登壇してのトークセッションを行う。同映画祭は毎年国連が定めた国際平和デーである9月21日に合わせて開催しており、今年は9月18日に開く。7月21日までエントリー作品を受け付けている。(オルタナS編集長=池田 真隆)

キックオフイベントでは審査員を務める井上 高志氏(一般財団法人Next Wisdom Foundation代表理事)、龍村ゆかり氏(地球交響曲ガイアシンフォニープロデューサー)、丹下紘希氏(映像監督/アートディレクター/人間)が登壇する。同映画祭の顧問である、谷崎テトラ氏(放送作家、音楽プロデューサー)、石川淳哉氏(ドリームデザインプロデューサー/ファウンダー/CEO、公益社団法人助けあいジャパン共同代表理事)らも登壇予定。

オープニングアクトでは、「いのちの繋がり」をテーマに音楽ユニット「ORINOVIVO」の緒方美穂さんが歌う。緒方さんは世界や日本各地の民謡をアレンジし、各国の言葉で歌い奏でるシンガーとして活躍している。



【国際平和映像祭(UFPFF)2017のキックオフイベント】
日時:2017年5月24日(水)19:00-20:30 (18:45開場)
会場:横浜美術館レクチャーホール(アクセス)
   横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
参加費:一般1,000円、学生無料(学生無料ですが一応お申込みください)
主催:一般社団法人国際平和映像祭
協力:NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ、ユナイテッドピープル

最終更新:5/23(火) 12:50
オルタナ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

第一特集「難民・人権問題でビジネスは無力か」
ゴールドマン・サックス証券、プロボノで支援
難民支援 独、米国、韓国の最前線を追う
企業の人権問題、成長・リスクの分水嶺