ここから本文です

日本国憲法施行から70年 改憲危機に5万5千人が都内に集結

5/23(火) 12:48配信

週刊金曜日

 日本国憲法の施行から70年を迎える憲法記念日の5月3日、「5・3憲法集会」(同実行委主催)が東京臨海広域防災公園(東京都江東区)で開かれた。参加者数は主催者発表で、昨年の5万人を上回る5万5000人。

「今の日本は戦争に近付いているようでキナ臭い。憲法が活かされていない」と話すのは都内に住む会社員の男性(30代)。妻と幼い子どもとともに「家族のお出かけ」を兼ねて参加したという。

 憲法改正の是非を巡って、男性は「防衛や安全保障は今ある法律で対応できるはず。憲法を変える必要がある、と思う人はその点をどう考えるのか、逆に聞きたい」と考える。自衛隊についても「戦力の不保持を定めた憲法第9条の下で、自衛隊を合憲とするのは私に言わせれば詭弁。9条を活かすのであれば、書いてある通り実行してほしい」と話した。

「日本国憲法を一字一句変えるな、とは思わない。けれども憲法が価値とする国民主権や基本的人権は守りたい。その意思表示のために来た」。都内在住の公務員の女性(40代)は、「自由に物を言いにくくなっている」と感じる。

「たとえば『憲法守れ』と言った瞬間に『考えが偏っている』と受け止められてしまう。護憲集会の会場提供が不許可になっても批判の声が弱い」(女性)。共謀罪法案が通ればさらにその傾向が強まるのでは、と女性は危惧した。

 横浜市から来た大学教授の男性(50代)は「(集団的自衛権を容認した)安保法制の変更はクーデターに等しい。現状は日本国憲法が停止し、立憲主義が機能していない状態。現状追認のための改憲は法治主義ではない。憲法の下位に平和基本法を設けて自衛隊を規定すべきだ」と話した。

 集会では民進、共産、自由、社民の野党幹部らが発言。米軍新基地建設への抗議中に逮捕され、5カ月余りの勾留を経て釈放された沖縄平和運動センターの山城博治議長も登壇した。山城氏は「私たちの運動、全国の仲間の闘いを潰すために共謀罪が用意されようとしている。力を合わせて共謀罪を葬ろう」などと訴えた。

(斉藤円華・ジャーナリスト、5月12日号)

最終更新:5/23(火) 12:48
週刊金曜日

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊金曜日

株式会社 金曜日

8月18日号(1148号)
2017年8月18日発売

定価 580円(税込み)

■敗戦特集 見失われた原点
●取り壊された被爆遺構─長崎・浦上天主堂
●環境省は被害者を直ちに救済せよ
●敗戦直後の沖縄は「夢と冒険の国」だった