ここから本文です

マネジャーではなくリーダーになる3つの方法

5/23(火) 9:10配信

ライフハッカー[日本版]

Inc.:小規模なビジネスのオーナーは、会社で多くの役割を担っています。その中でも、チームを率いるのが重要な役割の1つであることは間違いありません。

リーダーとしての資質が生まれつき備わっている人はそんなにいません。私は、社員の尊敬と信頼を得ることが、会社全体の成功と生産性にとって重要であることに気がつきました。それが、社員の労働倫理と経験にポジティブかつ継続的なインパクトを与え、さらに強力な結果へとつながるのです。

この記事では、私がリーダーとして大切にしている3つのCを紹介します。

1. Communication:コミュニケーション

できるだけ頻繁に顔を合わせ、「いいこと」「悪いこと」「最悪なこと」を聞くのが大切です。私も最初のころは、チームの皆の意見に耳を傾け、質問をしたものです。非常にシンプルなことながら、責任のある立場にいると見過ごしがちです。

私はいつも、自分はすべてを把握しているわけでも何でもなく、チームのメンバーから学びたい気持ちを示していました。真のリーダーは、知らないことは知らないという透明さが大切です。社員から学ぶ機会と考えましょう。それがオープンなコミュニケーションにつながり、ひいてはチームの信頼関係が構築されるのです。

2. Confidence:自信

リーダーたるもの、自分への自信はもちろん、チームの能力にも自信を持たなければなりません。私がリーダーの立場になったとき、チームメンバーには、私からやることの指示は出さないと伝えました。それよりも、彼らのほうから、やろうとしていることを教えてほしいと。そうすることで、彼らが持っているスキルを見せる機会を与えたかったのです。

メンバーには、自分のスキルへの自信を持ってもらうことが重要です。将来、メンバーのうちの何人かは、会社をうまく経営できる人材になるでしょう。無駄なアイデアなどないと伝え、チームの自信を高めることを何よりも優先してください。私がメンバーによく言うのは、必ずしも私と彼らが常に同じ方向を向いている必要はないということ。1日の終わりに、仕事がきちんと終わっていればそれでいいのです。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

ライフハッカー[日本版]の前後の記事