ここから本文です

サラ・サンパイオ、レッドカーペットにお尻の見えるドレスで登場

5/23(火) 18:40配信

ハーパーズ バザー・オンライン

ポルトガル出身のヴィクトリアズ・シークレット・エンジェル、サラ・サンパイオ。
知名度的にはまだ有名とは言えないかもしれないが、その羨ましいほどのスタイルのよさで、ファッション界において今その名を轟かせている。

【写真】サラ・サンパイオのセクシーなドレス姿の全貌はこちら

そのサラが、ベラ・ハディッドやケンダル・ジェンナーなどモデル仲間と共に先日開催されたカンヌ国際映画祭に登場した。

『The Killing of a Sacred Deer』のプレミアに登場した彼女は、お尻が透けて見えるセクシーなドレスを着用。自慢であるお尻はもちろん、全身のラインが透けて見える衣装で視線を集めた。

着用したのは、フランチェスコ・スコニャミリオのデザインによる、ヴィクトリア朝にインスパイアされたシアーな白い総レースのドレス。フロントから見ると、ネックからヒップまでラッフルがつけられ、袖口はフレアで、わりと控えめなデザイン。

かと思いきや、後ろを振り向いてビックリ。総レースのドレスの下にお揃いの総レースのソングを着用したお尻を見せつけ、会場は騒然。

ヴィクトリアズ・シークレット・エンジェルの本領発揮。抜群のスタイルを惜しげもなく披露した。これまで彼女のことを知らなかった人も多いだろうが、このドレスによって彼女の知名度があがることは間違いない。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年11月号
2017年9月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

Yahoo!ニュースからのお知らせ