ここから本文です

『サザエさん』カツオの担任の言葉に感動の声! 「先生がいい人すぎてジーンときた」と絶賛相次ぐ!

5/23(火) 20:01配信

おたぽる

 5月21日にTVアニメ『サザエさん』(フジテレビ系)が放送され、いつもと同じようにネット民たちが楽しそうにツッコミを入れながら視聴していたので、ネットの声とともに内容を紹介したい。

 この日の放送で特に反響が大きかった話は作品No.7610の「ぼくのいちばん怖い日」。カツオの通う学校で家庭訪問の時期がやってきた。担任の先生が波平に何を喋ってしまうのか気になってしょうがないカツオは、先生にどんな話題を取り上げようと思っているのか尋ねるが、「磯野は取り上げるが話題が多すぎるからな」と含みを持たされてしまい、さらにおびえることに。しかもじっくり話すために磯野家には最後に訪問するとのこと。

 次にカツオは波平にどんな話をしようとしているのか聞く。すると波平はテストの回数を聞くと言い出した。カツオのことだから、きっと悪いテストをいくつも隠しているだろうということを見越したなかなか賢い質問で、サザエも「良い質問ね」と関心。案の定カツオはテストを隠していたようで、その後すぐ正直に波平にテストを提出したのだが、家庭訪問前に「バッカモーン!」と雷を落とされるのだった。

 この調子では家庭訪問後は家にいられないだろうと悟ったカツオは、食料などをカバンに詰め込んで家出の準備をしだす。静岡の伯父の元に避難しようとしてるらしい。

 だが幸運なことに家庭訪問当日になって時間が変更。最初に訪問する予定だった花沢さんと、最後の予定だったカツオの時間が入れ替わったのだ。また、フネが先生と会うことになり、特に問題なく家庭訪問は終了、カツオは胸をなでおろすのだった。

 だがしかし、このまま話が終わるはずもなかった。会社からの帰宅中、花沢さんの家の前を通った波平は、今そこで家庭訪問が行われているのを知るとなんと花沢さんの家へ上がり込んでいく。花沢さんはすぐさまカツオに電話してこの緊急事態を知らせるのだが、なんでも波平は花沢さん宅で、1時間以上も先生と話し込んでいるのだという。これには「波平迷惑すぎるだろ」「なんという図々しさ」「他人の家庭訪問中に割り込むとか波平は常識ないの?」と波平に批判が集中していた。

 帰宅した波平はさっそくカツオを呼び出し、「毎日のように宿題を忘れ、テストはいつもできもしないのに真っ先に出すそうじゃないか」と厳しく追及。だが二度目の「バッカモーン!」が起こることはなかった。

 後でフネがこの理由を聞くと、先ほどの情報は波平が無理をいって先生から聞きだしたもので、先生自体は「色々問題はありますが、あまり叱らないであげてください」「今週はずっと反省していたと思いますよ」とカツオを擁護していたという。波平が「その反省が長く続かないのが問題では?」と返しても、先生は「それが小学生ですよ、元気いっぱいの小学生です」と、最後までカツオを悪く言うことはなかったらしい。

 先生の言葉にネット上では「先生がいい人すぎてジーンときた」「カツオの先生が神すぎる! 小学生は元気いっぱいが一番」「教師の鑑だ」と絶賛の声が続出していた。

 この日の他の放送は、サザエが席取りが上手いという特技を披露した作品No.7544の「うちの席取り名人」、サザエとマスオがいちゃいちゃしていた作品No.7638の「夫婦のあ・うん」。「うちの席取り名人」では、サザエが早川さんやカオリちゃんたちと“ビーバルズ”のコンサートを観に、“ビッグ東京アリーナ”に行ったのだが、この聞きなれない単語の連続にネット上で「ビーバルズってなんだよwww」「ビートルズの東京ドームor日本武道館と解釈した」「ビッグ東京アリーナって『サザエさん』の世界に突然現れた異次元と思うほど場違い感がある」とツッコミが殺到して盛り上がる一幕もあった。

最終更新:5/23(火) 20:01
おたぽる